ムーディーズ・コーポレーションが取締役にロイド・W・ハウエル氏を選任

ニューヨーク--()--(ビジネスワイヤ) -- ムーディーズ・コーポレーション(NYSE:MCO)は本日、ロイド・W・ハウエルJr.氏が2021年3月15日付けで当社取締役に選任されたと発表しました。ハウエル氏は、取締役会の監査委員会、報酬・人材委員会、ガバナンス・指名委員会に加わります。ハウエル氏の選任により、ムーディーズの取締役会は11人の取締役で構成されることになります。

「ハウエル氏の財務面の専門能力と、政府機関や民間クライアントと共に働いた幅広い経験は、ムーディーズに価値の高い視点をもたらします。取締役に迎えることをうれしく思います」と、ムーディーズ・コーポレーション会長のヘンリー・A・マッキンネルJr.(PhD)は述べています。

ハウエル氏(54歳)は、1988年にBooz Allen Hamiltonに入社し、同社の執行副社長、最高財務責任者、トレジャラーを務めています。以前は、同社の民間・商業事業を2013年から2016年まで主導し、クライアント・サービス担当執行副社長を2009年から2013年まで務め、戦略・組織担当副社長を2000年から2009年まで務めました。1991年には同社から休暇を得てハーバード・ビジネス・スクールでM.B.A.を取得し、1993年から1995年まではゴールドマン・サックスの投資銀行部門で働きました。ペンシルベニア大学の評議員、その工学・応用科学スクール監督委員も務めています。

ムーディーズ・コーポレーションについて

ムーディーズ(NYSE:MCO)は、組織のより良い意思決定を可能にする世界規模のリスク・アセスメント企業です。そのデータ、分析ソリューション、知見は、意思決定者による機会の特定や、他者と取引を行う際のリスク管理を支援します。当社は、より高度な透明性、より多くの情報に基づいた意思決定、情報への公正なアクセスが共通の進歩を可能にすると考えます。世界40カ国以上に約1万1400人を超える従業員を擁するムーディーズは、国際的なプレゼンスと現地の専門的知見ならびに金融市場での1世紀以上の経験を融合しています。詳細については、moodys.com/aboutをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

SHIVANI KAK
Investor Relations
212.553.0298
shivani.kak@moodys.com

MICHAEL ADLER
Corporate Communications
212.553.4667
michael.adler@moodys.com

Contacts

SHIVANI KAK
Investor Relations
212.553.0298
shivani.kak@moodys.com

MICHAEL ADLER
Corporate Communications
212.553.4667
michael.adler@moodys.com