世界的なサプライチェーンの問題は、もはや異常な事象と見なすことはできないとタウリアが指摘

国際企業やサプライヤーにとって、増大するサプライチェーンの不確実性に適応する能力は不可欠になっています

サンフランシスコ--()--(ビジネスワイヤ) -- パンデミックからスエズ運河の封鎖、そして現在進行中の深圳の塩田ターミナルの閉鎖まで、ここ数カ月間に世界中で見られたサプライチェーンの課題は、もはやショックと見なすことはできないと、運転資本ソリューションの大手フィンテック・プロバイダーのタウリアは指摘しています。タウリアは新たな報告書の中で、過去18カ月間に起きた世界的なサプライチェーンの脆弱性を浮き彫りにする数々の問題と、その影響について概説しています。

パンデミック以前から、地政学的な緊張が米中貿易に影響を与えていたため、在庫管理の不確実性は高まっていました。米国はトラックのストライキにも見舞われ、英国や欧州の企業はブレグジットによる輸送手段の不足やコストの増加に直面しています。最近のスエズ運河の封鎖による供給ショックは1日当たり約90億ドルのコストをもたらし、半導体チップの不足は、多くの産業にさらなる混乱をもたらしています。

タウリアは近い将来、需要の増加やインフレの加速、金利の上昇により、すでに供給不足や在庫の枯渇、輸送費の増加、サプライヤーからの財務圧力、不確実性の増大などに悩まされている企業にとって、さらなるプレッシャーと複雑さが増すと予測しています。

タウリアの在庫管理責任者のエリック・ワンバーグは、次のように述べています。「現在では、こうした問題は、サプライチェーンや在庫管理の新常態として扱う必要があります。このような問題を異常な事象と見なし、将来に向けた適切な対策を講じないままでいることは、企業にとってあまりにも大きな問題です。投資家は一般的に、ネガティブな事象に素早く対応し、同業他社と比べて自社の業績への影響を最小限に抑えられる企業を評価します。」

タウリアは、この「最悪の事態」により、海運や国際貿易におけるサプライチェーンの不確実性やコストの増大に適応することが、企業にとって急務になっていると考えています。これにより、俊敏なサプライチェーン管理がこれまで以上に重要になりました。多くの企業は、安全在庫を増やすことで対応し始めていますが、これは在庫と保管にかかるコストを増加させ、組織内の他のことに有効活用できる貴重な資本を拘束してしまうことになります。

ワンバーグは次のように語っています。「今日、生産停止を避けるために必要なだけの在庫を確保し、非効率な資本コストや保管コストを削減するという相反する優先事項のバランスを取ることは、サプライチェーン管理の重要な部分であり、見過ごせないことです。売上の水準を維持しながら、在庫に拘束される運転資本を削減することで、企業はより高い資本利益率を得ることができます。しかし、そのためには、より良いデータによって可視性を高め、効率的な資本へのアクセスを改善する新たなソリューションが必要です。多くのことがそうであるように、テクノロジーはサプライチェーンの変革と競争優位性に向けた最大の機会をもたらすでしょう。」

タウリアの「在庫管理による収益性」白書は、こちらからダウンロードできます:https://taulia.com/resources/profitability-through-inventory-management-a-new-approach/

タウリアについて

タウリアは、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置く運転資本管理ソリューションのフィンテック・プロバイダーです。タウリアは、買掛金、売掛金、在庫に閉じ込められている価値を企業が活用できるようにします。200万社以上の企業ネットワークがタウリアのプラットフォームを利用して、支払いを行う時期や受け取る時期を判断しています。タウリアの処理額は毎年5000億ドルを超えており、エアバス、アストラゼネカ、日産、ボーダフォンを含む世界最大規模の企業から信頼されています。

詳細情報については、www.taulia.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media contacts
Amelia Graham
Vested
amelia@fullyvested.com

Contacts

Media contacts
Amelia Graham
Vested
amelia@fullyvested.com