ウォルトンが拡大する住宅需要に対応するために米国住宅建設会社ファンドを設立

フェニックス--()--(ビジネスワイヤ) -- 38億米ドルの運用管理資産を有する不動産投資・土地資産管理会社のウォルトン・グローバル・ホールディングスとその関連会社(総称して「ウォルトン」)は、将来的に全米の住宅建設会社に販売するための土地の取得を投資目的とした初のビルダー・オプション・ランド・デベロップメント・ファンド(BOLDファンド)の設立を発表しました。

BOLDファンドは、米国住宅建設市場の目下の成長に浴する機会を投資家に提供します。同ファンドは、事前に定められた出口戦略を通じて、米国の大手住宅建設業者が選定した短期的な住宅開発プロジェクト用の不動産物件を取得します。取得した土地は、調整可能な分割スケジュールと柔軟な支払い方法に基づき、当該住宅建設業者に段階的に売却されることになります。BOLDファンドの投資家は、住宅建設業者による開発が進んで住宅が販売されることにより、年間分配金を受け取る予定です。

ウォルトン・グローバル・ホールディングスのビル・ドハティ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「当社の最新のBOLDファンドは、近年で住宅需要が最も活発化している今、少ない先行資本で用地を確保するために国際的な不動産投資・資産運用会社と連携して土地を取得する機会を住宅建設業者に提供します。」

2019年11月の全米住宅建設業者協会(NAHB)の住宅市場指数(HMI)およびグレッグ・ウガルデNAHB会長のコメントによれば、低水準の住宅ローン金利や持続的な雇用の伸びも貢献して、引き続き住宅建設業者は市場環境は良好との判断を示しており、一戸建て住宅用地の取得競争が激化しています。

40年以上にわたり、ウォルトンは米国およびカナダの主要な成長地帯における開発前の土地への投資の調査、計画、組成に従事してきました。ウォルトンの発展に伴い、BOLDファンドなどの新商品を提供することが可能になり、投資家や住宅建設業者のために新たな機会を創出しています。

ウォルトン・グローバル・ホールディングスについて

ウォルトン・グローバル・ホールディングスは不動産投資および土地資産管理・運営を手掛ける非上場のグローバルな大手企業で、40年以上にわたり、主要な成長地帯の戦略的に重要な土地に重点を置いてきました。ウォルトン・グローバル・ホールディングスは、投資家および事業パートナーに代わって北米における38億米ドル相当の不動産の管理・運営を行っています。現在、米国とカナダで10万6000エーカーを超える土地を保有・管理・運営しています。詳細情報については、Walton.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

MEDIA CONTACT:
Jennifer Whittle
LAVIDGE
480-998-2600
Jwhittle@lavidge.com

Contacts

MEDIA CONTACT:
Jennifer Whittle
LAVIDGE
480-998-2600
Jwhittle@lavidge.com