ナンギア・アンダーセンが提携事務所となりアンダーセン・グローバルのインドでの基盤が拡大

サンフランシスコ--()--(ビジネスワイヤ) -- アンダーセン・グローバルは東洋での基盤拡大を継続し、インドのナンギア・アンダーセンが新たに提携事務所として加わったと発表しました。

アンダーセン・グローバルは1年余り前にナンギア・アドバイザーズと協力契約を締結し、インドに進出しました。この事務所はインド最大の事務所の1つであり、ノイダ、ニューデリー、ムンバイ、グルグラム、ベンガルール、プネー、チェンナイ、デヘラードゥーンなど、インド全域に広がる多数のオフィスに350人を超える専門家を擁しています。

38年近くにわたり、この事務所はインドに関係を持つ多国籍企業向けにさまざまな業種を対象とした市場参入戦略、組織再編、国際税務、移転価格、税務コンサルティングおよび助言、税務訴訟、合併・買収、物品・サービス税、投資銀行のサービスを提供してきました。

この新たな提携事務所の会長を務めるラケシュ・ナンギアは、次のように述べています。「アンダーセン・グローバルとナンギア・アンダーセンは、価値と透明性の重視、高い倫理基準、専門的な正確さとクライアントへの質の高いサービスの提供という点で一致しています。アンダーセン・グローバルの専門家との間には、直接的な相乗効果が期待できます。当事務所の社員およびクライアントにとって、過去1年間のアンダーセン・グローバルとの経験は非常に特別なものであり、この度提携事務所となり、最高水準のシームレスなサービスを引き続き世界中のクライアントに提供できることを誇りに思います。」

アンダーセン・グローバル会長でアンダーセン最高経営責任者(CEO)のマーク・フォアザッツは、次のように述べています。「当初から、ナンギアとそのチームは当組織に適合していました。私たちはナンギア・アンダーセンの価値観とクライアントへの取り組みを理解しており、この事務所がアンダーセンの名前にふさわしいことを確信しています。」

アンダーセン・グローバルは、世界各地の税務および法務の専門家による法的に個別の独立した提携事務所の国際的連合体です。米国の提携事務所のアンダーセン・タックスにより2013年に設立されたアンダーセン・グローバルは現在、提携事務所と協力事務所を通して世界の153カ所以上の拠点に4500人を超える専門家を擁しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Megan Tsuei
Andersen Global
415-764-2700

Contacts

Megan Tsuei
Andersen Global
415-764-2700