第25回中国義烏国際小商品(標準化)博覧会の10月開催を前に常連出展企業が証言

中国・義烏--()--(ビジネスワイヤ) -- 第25回中国義烏国際小商品(標準化)博覧会(2019年義烏博覧会)が、2019年10月21~25日に中国最大の小商品卸売市場である義烏市で開催されます。3600のブースを設置する2019年義烏博覧会では、9つの主要カテゴリーで展示が行われ、200カ国以上から15万人が来場予定です。

120カ国以上でスポーツバッグとレジャーバッグを販売する義烏市百納箱包有限公司は、過去24年間で23回この博覧会に参加しています。創業者の王曜暉氏は、次のように述べています。「当初、百納はバッグでなく玩具を生産していました。義烏博覧会のおかげで、私の業界動向への理解が向上しました。方向転換して「8848」ブランドを確立したことで、当社は競合他社に差をつけることができました。」今年、王氏は注文にはあまりこだわらず、義烏博覧会のプラットフォームを通じて自社ブランドの国際市場への影響を強化したいと考えています。

義烏市双童日用品有限公司の成功は、義烏博覧会なしでは不可能でした。楼仲平董事長は、次のように述べています。「1995年に、当社は緊急に海外市場を開拓する必要があり、義烏博覧会はそのための場を提供してくれました。わずか1年で、国際取引が総収入の70%近くを占めるようになりました。」20年後、楼董事長の会社は世界のストロー業界のリーダーになり、いくつかの国際標準の作成にも参加しました。

義烏市宸膜塑料科技有限公司の成長も、義烏博覧会によるものです。義烏博覧会では、顧客の開拓、製品の販売、新世代への事業継承を行ってきました。13年前、創業者の趙賢昌氏は初めて義烏博覧会に参加しました。現在、新ゼネラルマネジャーを務める息子の趙錦超氏は、次のように述べています。「義烏博覧会を通じて、当社は販売経路を拡大しました。義烏博覧会からの注文は年間合計の15~20%を占めており、当社の製品は現在、海外顧客を対象にしています。」2019年義烏博覧会が近づく中で、趙錦超氏は展示する製品の選考を真剣に行っています。

この3社は義烏博覧会と共に成長し、世界進出を果たした数多くの博覧会出展企業の一部です。一方で、非常に多様なカテゴリーを持ち、世界的影響力を高めている義烏博覧会は、海外バイヤーがぜひ訪れたい見本市です。

詳細情報:http://en.yiwufair.com/Exhibitor/exhibitors

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Betty Zhong
service@yiwufair.com

Contacts

Betty Zhong
service@yiwufair.com