STCパートナーズがフランスのアンダーセン・タックス・アンド・リーガルとして始動

サンフランシスコ--()--(ビジネスワイヤ) -- パリに本拠を置き、4年前にアンダーセン・グローバルの提携事務所となったSTCパートナーズがフランスでアンダーセンの商標を正式に採用し、アンダーセン・タックス・アンド・リーガルとして始動します。マネジングパートナーのエルベ・アントワーヌ・クーデルク、デルフィーヌ・バリアーニ、ピエール・ブーレイが統括するSTCパートナーズは、国際的組織のアンダーセン・グローバルの最初の提携事務所の1つであり、2013年後半に着手した欧州への拡大に貢献しました。フランスのアンダーセン・タックス・アンド・リーガルはプライベート・エクイティ会社を専門とする法律事務所で、テーラーメイドの革新的なサービスをクライアントに提供しています。

エルベ・アントワーヌ・クーデルクは、次のように述べています。「私たちの多くが共通した歴史を持っており、当初の提携時から自然な親密さを感じていました。志を同じくする人々と共に仕事をすることは、当事務所およびクライアントにとって極めて重要なことであり、これによりクライアントは世界中の数多くの経済的中心地で最も質の高いシームレスで一貫したサービスの恩恵を享受できます。」

デルフィーヌ・バリアーニは、次のように述べています。「私たちは、チームを挙げて今回の立ち上げを成功させることに全力を注いでおり、クライアントの期待とニーズにより一層巧みに対応できる比類ない法律事務所のフランスでの確立に加わることにより、極めて大きな機会が開かれることになります。」デルフィーヌ・バリアーニはアンダーセン・グローバルのグローバル取締役会、ピエール・ブーレイはグローバル・アドバイザリー・カウンシルの構成員です。

2005年に設立された同事務所は、引き続きフランス、欧州および世界中の富裕層とその事業向けに法務および税務アドバイスを提供します。さらに、非公開企業・同族企業グループ、その株主と役員、また上場および非上場のさまざまな株式保有形態の大手企業グループの経営陣向けに、アドバイスを提供します。同事務所がサービスを提供している主なセクターは、農業製品および消費財販売、エネルギー、ファミリー・ビジネス、金融サービス、製薬、通信、電気通信、プライベート・エクイティ、不動産、運輸などです。

グローバル会長でアンダーセン・タックスの最高経営責任者(CEO)のマーク・フォアザッツは、次のように述べています。「私はパリのチームとは業務面で緊密な関係を維持しており、このチームの革新的な洞察と国際的なサービスで主導的な役割を果たしていることを高く評価しています。私たちは、受託責任、独立性、透明性というコアバリューに加えて、業界最高水準のサービスを提供する卓越した多彩なチームの構築という共通したビジョンを共有しています。欧州における強固な基盤は当組織にとって最も重要なものであり、アンダーソンの名称がフランスで正式に採用されたことは、当組織のこの市場における成長の証しです。」

アンダーセン・グローバルは、世界各地の税務および法務の専門家で構成される法的に個別の独立した提携事務所の国際的連合体です。米国の提携事務所のアンダーセン・タックスにより2013年に設立されたアンダーセン・グローバルは現在、世界に3000人を超える専門家を擁し、提携事務所と協力事務所を通して世界に103カ所以上の拠点を有しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Andersen Tax
Shereen Ameri, 650-289-5742

Contacts

Andersen Tax
Shereen Ameri, 650-289-5742