タウリアがグローバル・サプライチェーンおよび買掛金ソリューションの拡充の責任者としてアリ・アンサリを任命

サンフランシスコ--()--(ビジネスワイヤ) -- 運転資本ソリューションの有力フィンテック・プロバイダーのタウリアは本日、アリ・アンサリをグローバル・サプライチェーンおよび買掛金ソリューション事業ディレクターに任命したと発表しました。

アンサリは本日付けで、タウリアの世界クラスのサプライチェーンと買掛金ソリューションをグローバルに管理し、拡大する責任を負います。この新たに設けられた役割に就任するアンサリはロンドンを拠点とし、製品部門グローバルヘッドのキャスリーン・ニュージェントの直属となります。

貿易金融業界で25年以上の経験を持ち、公認会計士の資格を持つアンサリは、JPモルガン、ABNアムロ、バンクオブアメリカ・メリルリンチなどのトップクラスの組織で上級職を務めました。タウリアに入社する前は、HSBCの国際貿易・売掛金ファイナンス開発部門の製品担当グローバルヘッドとして、保証、金融機関取引およびリスク分散製品の管理と開発を担当していました。

アンサリは次のように述べています。「タウリアへの入社は、私の経験を十分に活かして、チームが規模を拡大し、サプライチェーン・ファイナンスの技術ソリューションに対する世界的な需要の高まりに対応することに貢献する素晴らしい機会です。私は、変化を推進し、問題を解決することで目標に向かって前進します。タウリアは、必要な時に必要な流動性へのアクセスを得ることができる強固なプラットフォームを顧客に提供します。」

タウリアのセドリック・ブルー最高経営責任者(CEO)は次のように述べています。「アンサリは、当社が中国とシンガポールへの拡大と、新たな在庫管理ソリューションを発表し、急成長を遂げつつある心躍る時期に当社に加わります。アンサリをチームの一員として迎えることを非常にうれしく思います。アンサリはその役割に役立つ豊富な知識を備え、タウリアが買掛金ファイナンス能力をさらに成長させ、顧客のためにイノベーションを推進しようと試みる中で、業界でのアンサリの幅広い経験は極めて大きな影響を及ぼすことになります。」

以上

タウリアについて

タウリアは、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置く運転資本管理ソリューションのフィンテック・プロバイダーです。タウリアは、買掛金、売掛金、在庫に閉じ込められている価値を企業が活用できるようにします。200万社以上の企業ネットワークがタウリアのプラットフォームを利用して、支払いを行う時期や受け取る時期を判断しています。タウリアの処理額は毎年5000億ドルを超えており、エアバス、アストラゼネカ、日産、ボーダフォンを含む世界最大規模の企業から信頼されています。詳細情報については、www.taulia.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media contacts
Amelia Graham
Vested
amelia@fullyvested.com
+447393 477057

Contacts

Media contacts
Amelia Graham
Vested
amelia@fullyvested.com
+447393 477057