COMPUTEX 2021 Virtual、テクノロジー・リーダーが集結して世界のテクノロジー・エコシステムの進歩を読み解く

台湾・台北--()--(ビジネスワイヤ) -- 台湾貿易センター(TAITRA)主催のCOMPUTEX 2021 Virtualが、5月31日から6月30日までオンラインで開催されます。業界に最も画期的なテクノロジーの最新動向を知らせ、参加者に世界の包括的なビジョンを提供するために、COMPUTEXはその基調講演とフォーラム講演を、AMD、アーム、インテル、マイクロン、エヌビディア、NXPセミコンダクターズ、クアルコム、スーパーマイクロといった主要国際企業のトップ最高経営責任者(CEO)やシニア・エグゼクティブに拡大しました。

TAITRA会長の黃志芳は、次のように述べています。「COMPUTEXのCEO基調講演は、2019年に導入されて以来大きな関心を集めてきました。今年、COMPUTEXは巨大テクノロジー企業の業界横断的な能力を活用してそれをさらに一歩進め、パンデミック後の未来を再形成するための洞察を共有し、アイデアを交換するプラットフォームを提供します。」

巨大テクノロジー企業の主要なCEOとシニア・エグゼクティブが基調講演に登壇

5月31日(月)午前10:00(GMT+8)
インテルの執行副社長のミシェル・ジョンストン・ホルトハウス氏が、「Innovation Unleashed」をテーマに講演を行い、インテルのクライアント・コンピューティング・グループ営業担当副社長のスティーブ・ロング氏と、Xeonおよびメモリー・グループ担当副社長兼ゼネラルマネジャーのリサ・スペルマン氏を迎え、インテルのイノベーションがテクノロジーの可能性を広げることで、どのように人類の可能性を広げているかについて説明します。

5月31日(月)午後2:00(GMT+8)
アームの最高経営責任者(CEO)のSimon Segars氏が、「Sparking the World’s Post-Pandemic Recovery」をテーマに基調講演を行い、いかにAIが、気候変動、セキュリティー、テクノロジーとネットワーク接続への公平なアクセスを取り巻く複雑な課題への取組みを加速し、善のための注目すべき力として機能するかを分析します。

6月1日(火)午前10:00(GMT+8)
AMDの社長兼最高経営責任者(CEO)の蘇姿丰博士が、「AMD Accelerating – The High-Performance Computing Ecosystem」をテーマとした基調講演を行い、コンピューティングの未来に関するAMDのビジョンと、AMDがいかにエコシステムのパートナーと共にイノベーションを加速して、革新的なソリューションのための先進的製品ポートフォリオを提供しているかについて共有します。

6月1日(火)午前10:00(GMT+8)
エヌビディアのGeForce事業部門上級副社長のジェフ・フィッシャー氏と、エヌビディアのエンタープライズ・コンピューティング責任者のマニュビール・ダス氏が、「The Transformational Power of Accelerated Computing」について議論します。GeForcePCゲーミングが台湾のエコシステムにもたらす膨大な機会と、AIの民主化を推進する変化について紹介し、それを受け止める企業が今後数年間でどのように発展できるかを説明します。

6月2日(水)午前9:00(GMT+8)
マイクロンの社長兼最高経営責任者のサンジャイ・メロトラ氏が、COMPUTEXフォーラムの「AIoTの進化」セッションの冒頭に、「Innovation for the Data Economy: Why Today’s Infrastructure Innovation Brings Data to Life, Powering Insights for All」に焦点を当てた基調講演を行い、データがいかに現代の生活を変革し、メモリーとストレージを革新する新しい機会を創出するかについて、マイクロンのビジョンを共有します。

6月2日(水)午前10:30(GMT+8)
スーパーマイクロの社長兼最高経営責任者(CEO)兼取締役会長のチャールズ・リャン氏が、「Performance Begins at the Edge for 5G and Intelligent IoT」と題された基調講演を行い、スーパーマイクロの最新のソリューションと将来の戦略を紹介します。

6月2日(水)午後2:00(GMT+8)
NXPセミコンダクターズの社長兼最高経営責任者(CEO)のカート・シーバーズ氏が、COMPUTEXフォーラムの「AIエンパワメント」のオープニング・セッションとして、「How AI Can Empower Industries, IoT and Automotive Industry」について基調講演を行い、NXPセミコンダクターズのAIに関する開発と計画を共有して、インテリジェントな場所に関する人々の想像を拡大します。

6月3日(木)午前8:40(GMT+8)
クアルコムの上級副社長兼ゼネラルマネジャーのアレックス・カトゥージアン氏が、「5GとPCの未来」について講演を行い、5Gと常時オン・常時接続PCがいかにコンピューティングの未来を形作り、流動性の高い社会のニーズに応えるかについて、独自の視点を共有します。

COMPUTEXのCEO基調講演と展示会に関する詳細情報については、COMPUTEX公式ウェブサイトをご確認ください: https://virtual.computextaipei.com.tw/events/

最新情報:
COMPUTEXウェブサイト:https://www.computextaipei.com.tw
InnoVEXウェブサイト:https://www.innovex.com.tw/

台北国際コンピューター見本市(別称:COMPUTEX)について:

1981年に設立された台北国際コンピューター見本市は、サプライチェーンとIoTエコシステムを網羅した世界有数のICT、IoT、新興企業のための見本市の1つです。台湾貿易センター(TAITRA)と台北市電脳商業同業公会(TCA)が共同で開催する台北国際コンピューター見本市は、台湾の包括的なICT集団を基盤とし、ICT確立されたブランド企業から新興企業まで、またサプライチェーンからIoTエコシステムに至るまで、ICTのあらゆる領域をカバーしています。台湾は、強力な研究開発能力および製造能力と、知的財産権(IPR)保護を備えているため、世界的な技術エコシステムでパートナーを探している外資系企業や投資家にとって、戦略的な目的地となっています。台北国際コンピューター見本市をウェブサイト(www.computextaipei.com.tw)とツイッター(@computex_taipei、ハッシュタグ#COMPUTEX)でフォローしてください。

COMPUTEX 2021 Virtualについて:

テクノロジーのパイオニアとして、COMPUTEXはデジタル変革の受け入れの最前線に立ってきました。そして2021年、このイベントはオンラインで開催されます。COMPUTEX主催者の台湾貿易センター(TAITRA)は、世界の主要なテクノロジー・プレーヤーと共にAI駆動のバーチャル・プラットフォームである#COMPUTEXVirtual(世界のスタートアップとイノベーションを紹介する#InnoVEXVirtualを含む)を展開し、距離という障壁を超えた卓越したバーチャル展示体験を提供することを目指しています。

TAITRAについて:

1970年に設立されたTAITRAは、台湾を代表する非営利貿易振興機構です。政府と各種業界団体が後援するTAITRAは、企業の世界的な事業範囲の拡大を支援します。台北に本部を置くTAITRAは、1300人の専門家からなるチームを擁し、桃園、新竹、台中、台南、高雄の5カ所に拠点を置き、世界63カ所に事務所を構えています。TAITRAは、台北世界貿易センター(TWTC)および台湾貿易センター(TTC)と共に、世界貿易の促進に注力するグローバル・ネットワークを形成しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Ms. Tessa Lin <tessalin@taitra.org.tw>
Ms. Li Chao < lichao@taitra.org.tw>

Contacts

Ms. Tessa Lin <tessalin@taitra.org.tw>
Ms. Li Chao < lichao@taitra.org.tw>