元米国上院議員のボブ・コーカーが特別顧問としてジェフリーズに入社

ニューヨーク--()--(ビジネスワイヤ) -- ジェフリーズは本日、元米国上院議員のボブ・コーカー(共和党、テネシー州)が特別顧問としてジェフリーズに入社したと発表しました。コーカー元上院議員は、主に当社の投資銀行部門でインベストメント・バンカーと顧客に助言を行う役割を担い、当社の未来の構築を支援します。

ジェフリーズのリッチ・ハンドラー最高経営責任者(CEO)とブライアン・フリードマン社長は、次のように述べています。「ボブ・コーカー元上院議員をジェフリーズに迎えることを非常にうれしく思います。私たちはコーカー元上院議員と緊密に協力し、ジェフリーズの気運を高めて、当社が得られる機会を十分に生かす取り組みを継続します。当社の未来の構築を支援するという役割は、ビジネスで成功を収めた起業家としての経歴と、地域、州、連邦レベルで20年近くにわたり公務を務めた経験を併せ持つコーカー元上院議員でなければ果たせません。特に、上院外交委員会委員長および上院銀行委員会の有力メンバーとしての職務を含め、十数年にわたって上院で成し遂げたコーカー氏の素晴らしい業績は、ジェフリーズの顧客に大きな恩恵をもたらします。私たちは彼の技能、見識、経験、視点、人脈が当社の投資銀行業務や当社全体にまったく新しい刺激的な次元をもたらすと確信しています。」

コーカー元上院議員は次のように述べています。「ジェフリーズの一員となり、同社の成功と気運を持続させるために貢献できることをうれしく思います。私がジェフリーズへの入社を決めた重要な要因は、同社のセクター・ベースのアプローチと、クライアントへの独自ソリューションの提供を徹底して重視する姿勢でした。同社が新たなレベルに進むためのお手伝いをすることを楽しみにしています。」

コーカー元上院議員は、公職に就く前に25歳で建設、不動産開発・取得に注力する会社を設立し、全米18州で事業を展開しました。1995年にはテネシー州の財務長官となり、その後、2001年から2005年までチャタヌーガ市長を務めました。2006年に米国上院議員に当選し、2012年には圧倒的な得票数で再選されました。しかし、上院議員を務めるのは2期に限るという自らの公約を守り、2019年1月に公職を離れました。

ジェフリーズ・グループは、米国を本拠とする最大の世界的独立系フルサービス投資銀行です。60年近くにわたり顧客へのサービスに傾注してきたジェフリーズは、洞察力、専門知識、執行サービスを投資家、企業、政府に提供するリーダー企業です。当社は、投資銀行業務、アドバイザリー、セールスおよびトレーディング、リサーチ、ウェルスマネジメントのサービスを米州、欧州、アジアで全商品にわたって実施しています。ジェフリーズ・グループは、総合金融サービス会社のジェフリーズ・ファイナンシャル・グループ(NYSE:JEF)の完全保有子会社です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Richard Khaleel, +1 212 284 2556, rkhaleel@jefferies.com

 

Contacts

Richard Khaleel, +1 212 284 2556, rkhaleel@jefferies.com