ベロダイン・ライダー、自律技術に関するワールド・セーフティー・サミットの議題を発表

無料のバーチャル・イベントでAVおよびADASが安全性と安全なコミュニティーを推進する方法を促進

Velodyne Lidar announced the agenda for the World Safety Summit on Autonomous Technology that will address vehicle autonomy and advanced driver assistance systems on roadways and in communities. (Photo: Velodyne Lidar, Inc.)

米カリフォルニア州サンノゼ--()--(ビジネスワイヤ) -- ベロダイン・ライダー(Nasdaq:VLDR)は本日、道路と地域における車両の自律性と先進運転支援システムを取り上げる第3回年次自律技術ワールド・セーフティー・サミット(WSS)の議題を発表しました。サミットは、自律技術と自動化された安全システムによってどのように車両ナビゲーションを改善し、より洗練された輸送インフラストラクチャーを構築できるかについて理解を深めることを目指しています。ベロダインは、さまざまな視点をネットワークで結び、共有することにより、歩行者、自転車・オートバイの運転者、トラック・車両の運転者および同乗者のための安全性ソリューションを加速させようとしています。

無料の2020年ワールド・セーフティー・サミットは、議題で予定されている業界、政府、報道機関、学術界のリーダーが集まり、10月22日午前9時から午後1時(太平洋夏時間)に開催されます。サミットはバーチャル・イベントとして開催され、一般に公開されます。議題の確認と登録については、2020年ワールド・セーフティー・サミットのページをご覧ください。

サミットの基調講演者は、自動化された完全自律型の安全性に向かう道のりについて明確なビジョンを持つリーダーです。基調講演者は、ズークス(Zoox)最高安全イノベーション責任者のマーク・ローズカインド博士、ボヤージュの共同創設者で最高経営責任者(CEO)のオリバー・キャメロン氏、連邦道路庁長官のニコール・ネイソン氏です。

サミットの議題には、アウディ・オブ・アメリカ、オーロラ、AutonomouStuff、J.D.パワー、MITエイジラボ、PAVE、プリンストン大学、米国上院、ベロダイン、ズークスなどの組織の専門家による5つのパネル・セッションが含まれます。セッションでは、先進運転支援システム(ADAS)の能力の検証(スポンサー:PAVE連合)やモビリティーの状況に関するメディアの展望(スポンサー:SAEインターナショナル)という重要な話題を検討します。その他のセッションでは、自律車両(AV)とADASの規制ロードマップ、業界の協力によって公道での安全な自律性を前進させる方法、自動車とスマートシティ・インフラストラクチャーの接続について検討します。

今年のサミットは、Western Automotive Journalistsの年次自動車技術会議であるシリコンバレー・リインベンツ・ザ・ホイールと共同開催されます。自動車業界で30年以上の経験がある専門家のチャーリー・フォーゲルハイム氏がサミットのモデレーターを務めます。

Western Automotive Journalistsのブライアン・ダグラス社長は、次のように述べています。「ワールド・セーフティー・サミットは、自律技術で達成できる変革の利益についての認識と理解を主要な利害関係者の間で深めるための理想的なフォーラムとなっています。業界をリードする中心的人物が集まり、モビリティーと交通の安全性の向上に関連する重要な問題について話し合います。」

ベロダイン・ライダーのコミュニケーション担当バイスプレジデントのサリー・フリックマンは、次のように述べています。「自律技術がAVや強力な運転者安全機能に適用されていく中で、交通に革命をもたらす自律技術の可能性を高めるためには、公教育が不可欠です。サミットには多様な分野の専門家が集まり、各セッションで将来の安全な自律性に関連する極めて重要な問題へのユニークな視点を提供します。非常に大勢の政府や業界のインフルエンサーとその組織が、新しい技術ソリューションに対する一般の認識と理解を深める当社の取り組みの価値を評価しているところを見るのは喜ばしいことです。」

ベロダイン・ライダーについて

ベロダイン・ライダー(NASDAQ:VLDR)はリアルタイム・サラウンドビュー・ライダー・センサーを発明して、自律技術の新時代をもたらしました。ベロダインは初のライダー専業の公開企業であり、当社の画期的なライダー技術の幅広いポートフォリオは世界で定評があります。ベロダインの革命的なセンサーおよびソフトウエア・ソリューションは柔軟性、品質、性能を提供し、自律走行車、先進運転支援システム(ADAS)、ロボット工学、無人航空機(UAV)、スマートシティー、セキュリティーなどの幅広い産業のニーズに対応しています。ベロダインは絶えず革新を追求することで、あらゆる人々のために安全なモビリティーを推進し、生活と地域社会を変革することに力を注いでいます。詳細については、www.velodynelidar.comをご覧ください。

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには、1995年米国民事証券訴訟改革法の「セーフハーバー」条項の定義による「将来見通しに関する記述」が含まれます。これには過去の事実を除くすべての記述が含まれますが、それに限定されず、ベロダインの対象市場、新製品、開発努力、競争に関する記述が含まれますが、これらに限定されません。本プレスリリースで、「推定する」、「予測される」、「期待する」、「予想する」、「予測する」、「計画する」、「意図する」、「考える」、「求める」、「かもしれない」、「するだろう」、「すべきである」、「将来」、「提案する」といった言葉やその変化形、類似の表現(もしくはそうした言葉や表現の否定形)は、将来見通しに関する記述であることを特定するために使用されています。これらの将来見通しに関する記述は、将来の業績、状況、結果を保証するものではなく、多くの既知および未知のリスク、不確実性、仮定、その他の重要な要因を含んでおり、その多くはベロダインの管理が及ばないものであり、実際の結果または成果が将来見通しに関する記述で示されたものと大きく異なる場合があります。実際の結果または成果に影響を与え得る重要な要因として、ベロダインが成長を管理する能力、ベロダインが事業計画を実行する能力、ベロダインの顧客が製品を商品化する能力およびそれら製品の最終的な市場での受容に関する不確実性、COVID-19パンデミックがベロダインおよびその顧客の事業に与える不確実な影響、当社製品の市場規模に関するベロダインの推定の不確実性、ベロダイン製品が市場で受容される速度および程度、存在するもしくは利用可能になるかもしれないその他のライダーおよびセンサー関連の競合製品や競合サービスの成功、ベロダインが買収を特定して統合する能力、ベロダインの現在の訴訟やベロダインが関与する可能性のある訴訟、もしくはベロダインの知的財産権の有効性と強制力に関する不確実性、ベロダインの製品およびサービスへの需要に影響を与える一般的な経済および市場の状況などがあります。ベロダインは新たな情報、将来の出来事、あるいはその他の理由にかかわらず、法律で義務付けられた場合を除き、将来見通しに関する記述を更新または改定する義務を一切負いません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Investor Relations
Andrew Hamer
Chief Financial Officer
InvestorRelations@velodyne.com

Media
Landis Communications Inc.
Sean Dowdall
(415) 286-7121
velodyne@landispr.com

Contacts

Investor Relations
Andrew Hamer
Chief Financial Officer
InvestorRelations@velodyne.com

Media
Landis Communications Inc.
Sean Dowdall
(415) 286-7121
velodyne@landispr.com