RMBキャピタル:三陽商会株主総会で約3割の支持を得ました

CHICAGO--()--(ビジネスワイヤ)-- RMBキャピタル(以下「RMB」といいます。)は、株式会社三陽商会(コード番号8011、東証第一部、以下「三陽商会」といいます。)発行済株式総数の6%超を保有する長期株主です。

本年5月26日に三陽商会において開催された第77期定時株主総会(以下「本総会」といいます。)において、約3割の株主が、RMBの推挙した取締役候補である小森哲郎氏・細水政和氏に賛同するとともに、前社長の中山雅之氏の再任に反対したことが判明しました。この結果から、一般株主が旧経営陣の経営責任について極めて厳しい評価をしていることが明らかになりました。これを踏まえ、大江伸治社長を始めとする新経営陣は、事業再建に向けた改革をより一層加速すべきです。また、本総会において会社提案に賛同したと思われる三井物産・八木通商・三越伊勢丹など主要株主・取引先も、三陽商会の再生プラン完遂のためにより積極的に同社への関与・支援を行う責務があるとRMBは考えます。RMBは、全てのステークホルダーが一丸となって三陽商会の再生を後押しすることを期待しています。

本件に関するRMBの過去のリリースについては、三陽商会への提言をご覧ください。

以上

Contacts

本件に関するお問い合わせ先
RMBキャピタル
細水政和
japan@rmbcap.com

Contacts

本件に関するお問い合わせ先
RMBキャピタル
細水政和
japan@rmbcap.com