ヒルストーン・ネットワークス、当社のCloudHiveソリューションが評価されてガートナーの「クラウドワークロード保護プラットフォーム市場ガイド」に掲載

米カリフォルニア州サンタクララ--()--(ビジネスワイヤ) -- エンタープライズネットワークセキュリティーとリスクマネジメントのソリューションを提供する有力企業であるヒルストーン・ネットワークスは、当社のCloudHive(クラウドハイブ)ソリューションが評価されて、ヒルストーン・ネットワークスガートナーの「クラウドワークロード保護プラットフォーム市場ガイド」*に掲載されたことを発表します。

ガートナーのクラウドワークロード保護プラットフォーム(CWPP)市場ガイドは、クラウドワークロード保護プラットフォームを評価した世界的ガイドです。

CWPP分野のソリューションについて顧客のニーズや要件に照らして最優良事例と調達のガイダンスの情報を充実させるため、ガートナーはベンダーを8つのレイヤーに分類しました。ヒルストーン・ネットワークスは「本人確認情報ベースのセグメンテーション、可視化、制御の機能」がCloudHiveで評価されました。

Hillstone CloudHiveはクラウド環境における各仮想マシン(VM)のセキュリティーを確保するためのマイクロセグメンテーション技術を提供することで、企業の極めて重要な資産を保護します。東西トラフィックを包括的に可視化して、仮想マシン間の側方攻撃を防止するための完璧な保護を提供します。その拡張可能性により、オンデマンドのセキュリティーサービスをありとあらゆる新たなワークロードや仮想マシンに適用できます。

Hillstone CloudHiveソリューションの利点:

  • 東西トラフィックに粒度の細かい可視性をもたらし、側方からの攻撃を防御
  • 積極的なオーケストレーションによってセキュリティーを難なく拡張可能
  • 全体的な総所有コストを削減しながら効率を改善

ヒルストーン・ネットワークスの最高技術責任者(CTO)で共同創業者のティモシー・リューは、次のように述べています。「当社のソリューションは現実のお客さまの問題の対処に当たるもので、当社がそういう立場にあるからこそ、ヒルストーン・ネットワークスのCloudHiveソリューションが評価されて当社製品の有効性がガートナーの市場ガイドでまたも確認され、そこで仮想ネットワークを可視化して制御したいという顧客のニーズが検討されたのです。」

*: Gartner, Market Guide for Cloud Workload Protection Platforms, Neil MacDonald, Tom Croll, 14 April 2020

ガートナー免責事項について

ガートナーは、調査報告書に記載された特定のベンダー、製品、サービスを推奨するものではありません。また、最高評価やその他の選定を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものでもありません。ガートナーの調査報告書は、ガートナーの調査機関の見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーはこの調査に関して、商品性や特定目的への適合性についての保証を含め、明示または黙示を問わず、一切の保証を行うものではありません。

ヒルストーン・ネットワークスについて

ヒルストーン・ネットワークスのエンタープライズネットワークセキュリティーおよびリスクマネジメントのソリューションは、企業がサイバー脅威を包括的に把握し、徹底的に理解するとともに、迅速に対処できるようにするための可視性、インテリジェンス、保護を実現します。有力アナリストに評価され、世界的企業に信頼されているヒルストーンのソリューションは、総所有コストを改善しながら、エッジからクラウドまでの企業ニーズをカバーします。詳細については、www.hillstonenet.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Zeyao Hu
Marketing Manager
inquiry@hillstonenet.com

Contacts

Zeyao Hu
Marketing Manager
inquiry@hillstonenet.com