タウリアが迅速導入可能な請求システムを開始し、COVID-19の影響を受けている企業を支援

7日以内に導入して利用できるソリューション

サンフランシスコ--()--(ビジネスワイヤ) -- 運転資本技術ソリューションをリードするタウリアは本日、Rapid Start Invoicingを立ち上げたと発表しました。Rapid Start Invoicingは7日以内に導入することができ、電子的な請求書の発行能力をサプライヤーにもたらすことで、混乱に対応する企業を支援します。企業は、買掛金(AP)プロセスを維持して期限までに請求書支払いを行う能力を得ることができます。

共有サービスセンターやBPOが停止したことで、企業は紙の請求書の処理ができなくなっており、企業のAPプロセスは混乱し、サプライヤーへの支払いに障害が出ています。このような停止への直接の対応として、またCOVID-19を切り抜けるために企業を支える当社の取り組みの一環として、タウリアは、Rapid Start Invoicingソリューションを構築しました。これは本日から利用でき、お客さまの登録は直ちに行うことができます。

「私は、顧客の個別のニーズにいつも迅速に対応している当社チームにこの上なく感謝しています。効果的なAPプロセスは、COVID-19危機の間も企業が注文に対応して従業員を維持できるようにキャッシュを確保することを可能にします。Rapid Start Invoicingソリューションは、企業が自社のAPプロセスをデジタル化して支払いを期限どおりか、それよりも早く行うことを助けます」と、タウリア最高技術責任者(CTO)のBrady Caleは述べています。

タウリア最高経営責任者(CEO)のCedric Bruは、このように語っています。「世界的なサプライチェーンの混乱によって現在請求書処理とキャッシュフローの管理に苦労している当社の現在のお客さまと将来のお客さまに、申し上げます。支援がもうすぐ届きます。当社は、貴社のニーズをサポートするためにあり、状況の進展と共に、当社はお客さまを支援するためにできる限りのことを継続し、世界の景気回復に貢献していきます。」

編集者への注記:タウリアは、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置く運転資本プラットフォームの有力プロバイダーです。テクノロジー・プラットフォーム、人材、プロセスが独自に組み合わされたタウリアは、サプライチェーン内に閉じ込められている価値を企業が活用できるようにするため、効率が悪く手作業であることが多い運転資本管理の作業をテクノロジー主導の運転資本最適化戦略に移行させています。タウリアのビジョンは、あらゆる企業が繁栄できる世界を作ることであり、支払いを行う時期や受け取る時期を調達企業とサプライヤーが選択できるようにします。200万社の企業ネットワークがタウリアの技術を利用しており、当社の処理額は毎年5000億ドルを超えています。タウリアは、世界最大規模の企業から信頼され、顧客には、エアバス、アストラゼネカ、デアリー・ファーマーズ・オブ・アメリカ、ファイザー、ボーダフォンが含まれます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Mary Arrizza
Marketing Communications Associate
Email: mary.arrizza@taulia.com

Contacts

Mary Arrizza
Marketing Communications Associate
Email: mary.arrizza@taulia.com