CreditLens™ソリューションがSOC2認証報告書を受領

ニューヨーク--()--(ビジネスワイヤ) -- ムーディーズ・アナリティックスは本日、サービス型ソフトウエア(SaaS)ソリューションのCreditLensが米国公認会計士協会(AICPA)からSystem and Organization Controls(SOC2)認証報告書を受領したと発表しました。SOC2報告書は、CreditLens SaaSソリューション内の顧客データのセキュリティーと可用性について詳述し、それがセキュリティーと可用性に関するAICPAの統制基準を順守していることを示しています。

最新のクラウド技術を用いたCreditLensプラットフォームは、より優れた情報に基づく与信判断をより迅速に行うための商業与信プロセスのデジタル変革を支援します。また、プロセス・オートメーションを促進し、顧客が効率を高め、ミスを減らしてワークフローを効率化するための支援を提供します。

SOC2報告書は、企業の情報セキュリティー対策が今日のクラウド要件に固有のパラメーターに即したものであることを保証します。同報告書は、AICPAのトラスト・サービス基準に基づいて、業務運営とコンプライアンスに関する受託会社の内部統制を評価します。

SOC2報告書は、独立した第三者の監査会社が発行するもので、受託会社がデータを安全に管理し、顧客データの利益とプライバシーを保護していることを確認するための審査手続きが含まれています。また、企業が顧客データのセキュリティー、可用性、処理、完全性、機密保持を網羅する厳格な情報セキュリティー方針と手続きを定めて順守していることも確認します。

ムーディーズ・アナリティックスのマネジング・ディレクターのElaine Wongは、次のように述べています。「当社は、変化し続ける規制環境と運営環境に応じて最適なデータ・セキュリティーと運用有効性をSaaS顧客に提供すべく努めています。このSOC2認証は、当社のCreditLensソリューションがこの目的を達成していることを示しています。」

CreditLensプラットフォームの詳細については、こちらをご覧ください。

ムーディーズ・アナリティックスについて

ムーディーズ・アナリティックスは、お客さまの成長、効率性の向上、およびリスク管理を支援する金融情報と分析ツールを提供します。当社は、卓越したリスクに対する専門性と広範な情報資源、テクノロジーの革新的な応用を統合して、今日のビジネスリーダーが変化する市場に確信をもって対応できるようサポートします。業界をリードする当社のソリューションは市場で高く評価されており、リサーチ、データ、ソフトウェア、および専門サービスを組み合わせて、優れたカスタマー・エクスペリエンスを提供することができます。当社は、その品質、クライアント・サービス、およびインテグリティに対するたゆまない取り組みを背景に、信頼できるパートナーとして世界中の数千の機関に選ばれています。ムーディーズ・アナリティックスに関する詳細については、当社のウェブサイトをご覧いただくか、TwitterLinkedInで当社をフォローしてください。

ムーディーズ・アナリティックスは、ムーディーズ・コーポレーション(NYSE:MCO)の子会社です。ムーディーズ・コーポレーションの2018年の売上高は44億米ドルで、世界に約1万900人の従業員を擁し、44カ国で事業を運営しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

GENE KIM
Moody’s Analytics Communications
+1.415.874.6013
Moody’s Analytics Media Relations

Contacts

GENE KIM
Moody’s Analytics Communications
+1.415.874.6013
Moody’s Analytics Media Relations