ウィーワーク取締役会が経営陣の交代を発表

ニューヨーク--()--(ビジネスワイヤ) -- ウィーワークの取締役会は本日、経営陣の交代を発表しました。共同創業者のアダム・ニューマンがCEOとしての職を退くことを決心し、取締役会非常勤会長として仕事を継続します。ウィーワークの元共同社長兼最高財務責任者(CFO)のArtie Minsonと元副会長のSebastian Gunninghamが、当社の共同最高経営責任者(co-CEO)に任命されました。この交代は即日実行されました。

アダム・ニューマンは、このように語っています。「ウィーワークの共同創業者として、私たちが過去10年間に築いてきたこのチームとこの驚くべき会社に誇りを感じています。当社の世界的プラットフォームは現在29カ国の111都市に及び、毎日52万7000人以上のメンバーに対応しています。私たちの事業は現在これまでになく強力になっていますが、ここ数週間において、私に向けられた調査が集中を妨げる大きな障害になってきました。私は、最高責任者を退くことが会社の最善の利益であると判断いたしました。私の同僚、メンバー、物件所有者パートナー、投資家の皆さまに、この素晴らしい事業を継続的に信頼していただいていることに関して感謝いたします。」

Artie MinsonとSebastian Gunninghamは、このように述べています。「私たちはニューマンに、過去9年間にわたってウィーワークを作り上げてきたビジョンと情熱に関して感謝したいと思います。私たちの革新的なメンバーシップ・モデル、美しい設計、独創的なコミュニティー・サービスは、世界の個人や企業のワークスペースに対する考え方を変化させました。会社の歴史におけるこの重要な時期にウィーワークを率いることは、信じられないほどの栄誉です。私たちの中核的事業は強力であり、ウィーワークの高い成長率、利益率、独自のメンバー・エクスペリエンスのバランスを取るために明確な行動を取っていきますが、同時にIPOの最適な時期の評価も行います。私たちは、メンバー、パートナー、従業員、株主の皆さまがこの新たな旅路において引き続き成功を収めることができるように努力していきます。」

Benchmarkのパートナーでありウィーワークの初期投資家である取締役のBruce Dunlevieは、このように語りました。「ニューマンは、日々メンバーをサポートできる世界的プラットフォームの構築を監督し、10年経たない間に年間予想収益を40億ドル以上に増やしました。ニューマンとウィーワークのチームは、人と企業の仕事に対するアプローチの仕方を再定義し、不動産業界に革新をもたらしました。ウィーワークの将来に高い期待を感じており、MinsonとGunninghamがニューマンからバトンを受け継いで成長の次のフェーズを率いていただけることをうれしく思います。」

取締役のLew Frankfortは、このように述べています。「ニューマンは、大きなビジネス機会を概念化して果敢に挑むビジョンと意思を持った類い希な起業家です。ニューマンが作り上げたビジネスは歴史上最も急速に発達したものの1つとなり、私の仲間の取締役も私もそのリーダーシップに感謝しています。取締役会は、MinsonとGunninghamをウィーワークの次のフェーズにおけるリーダーとして迎えることをうれしく思います。また、当社の急速な成長の軌道についても市場で業界をリードする立場についても喜ばしく感じます。」

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Jimmy Asci, Gwen Rocco
press@wework.com

 

Contacts

Jimmy Asci, Gwen Rocco
press@wework.com