授業料の上昇と留学生ビザの制限により、投資移住プログラムへの需要が高まる

ロンドン--()--(ビジネスワイヤ) -- 英国と米国での移民政策の変化の影響については世界的に報告されていますが、あまり報道されていない影響が1つあり、それは留学生の大幅な減少です。最新の統計によれば、米国の留学生ビザに対する新たな制限、英国のEU離脱や英国内でのEU市民の権利に関する不透明感、両国での授業料の上昇により、上位大学の留学生数は大きく減少しています。

このような問題点を避けるため、富裕層の人々(HNWI)は、見通しが不透明でリスクのあるビザ申請の問題に悩まされることなく子どもが教育上の熱意を満たすことができるようにするために、代替的な居住権・市民権を希望するようになっています。

投資移住企業ヘンリー・アンド・パートナーズ最高経営責任者(CEO)のユルク・ステフェン博士は、大半の市民にとって教育は基本的な優先事項であると指摘し、次のように述べています。「代替的な市民権や居住権を取得することには多数の理由がありますが、結局のところ、長期的な安定性と安全性、つまり変動の可能性に対する古典的な投資ヘッジが重要な動機となります。好ましい土地で代替的な市民権や居住権を得ることによって大幅に拡大する教育の選択肢は、この種の投資を検討しているファミリーが決断を下すための重要な要因となります。」

英国の投資移住プログラムは、英国の優れた初等・中等・高等教育サービスを利用しようとする投資家にとって理想的です。ナイトフランクのグローバル・ウェルス・レポートで報告されたように、オーストラリア、カナダ、スイス、英国など、多数の国が海外から学生を引きつけている中で、英国の私立全寮制の学校を最高の基準とみなす人々は、今でも多数に上ります。高等教育レベルでは、オックスフォード大学とケンブリッジ大学がタイムズ高等教育(世界最高の大学の信頼されるリストを提供)によって現在第1位と第2位に評価されています。

大陸欧州の大学の中では、ベルリンのフンボルト大学、パリのソルボンヌ大学、アムステルダム大学のような権威ある教育機関が、その比類ない教育水準や欧州各国の首都での学生生活体験が魅力となり、富裕層の留学生を引き続き集めています。この種の機会を子どもに提供しようと考える投資家にとって、EU市民の授業料がEU外の市民と比べてかなり少ない(最大50%以上)ことは、欧州の大学の重要な利点です。100万ユーロから215万ユーロの投資で参加できるマルタキプロスの投資市民権プログラムは、現在EUで最も人気の高いものになっています。

大西洋の向こう側の米国では、EB-5移民投資家プログラムが米国の教育を求める人にとって魅力の高い選択肢となっています。このプログラムでは、50万米ドルから100万米ドルの投資によって永久の居住権が提供されます。オーストラリアの投資居住プログラムも、検討する価値のあるもう1つの候補です。全体的に、オーストラリアの教育制度は評価が高く、オーストラリアが移住を検討する富裕層に選ばれる最上位の移住先になっている多くの理由の1つになっています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media
Sarah Nicklin
Senior Group PR Manager
sarah.nicklin@henleyglobal.com

 

Contacts

Media
Sarah Nicklin
Senior Group PR Manager
sarah.nicklin@henleyglobal.com