AnitaB.orgが2025年までに技術分野の男女平等を達成するという野心的目標に向けて新たな幹部を迎える

多様な人員を揃えた経営陣が完成し、当社の新たなビジョンと世界的拡大を推進

米カリフォルニア州ベルモント--()--(ビジネスワイヤ) -- 世界的な非営利組織のAnitaB.orgは本日、最近の新規採用により、2025年までに各部門の技術分野の男女平等を達成するという野心的目標に取り組む幹部チームの人員が揃ったと発表しました。当社の使命を達成するために、3人が幹部チームに新たに加わります。マーケティングおよびコミュニケーション担当副社長のケティ・マリア・エスキベル、事業開発・パートナーシップサクセス担当副社長のロバート・G・リード、人員・文化担当副社長のビクトリア・ヒューズです。

この新任の3人が、ブレンダ・ダーデン・ウィルカーソン最高経営責任者(CEO)兼社長が率いる経営チームに加わります。この技術分野の女性の非営利組織は、世界的影響力を拡大し、女性や十分に権利を得ていないコミュニティーが技術を通じてアクセスやキャリア機会を得られるよう支援するAnitaB.org/365プログラムを継続して改善したいと考えています。

世界的なマーケティングチームを率いるために採用されたエスキベルは、20年以上に及ぶマーケティングとコミュニケーションの世界的経験でその役職に貢献します。AnitaB.orgに加わる前は、エスキベルは一流の代理店、企業、非営利組織の世界的なマーケティング活動やコミュニケーション活動を率い、直近ではエデルマンのEVPとして消費者・技術・観光チームを率いました。リードは、AnitaB.orgの事業開発・パートナーシップチームを率い、パートナーシップ最大化とメディア・娯楽技術ソリューションの推進に関する20年以上の世界的経験でその役職に貢献します。AnitaB.orgに加わる前は、リードはロサンゼルスのユニバーサル・ピクチャーズのSVPとして世界中の映画・テレビコンテンツ配信を管理していました。ヒューズは、当組織に加わって世界的な人事(HR)チームを率います。20年以上に及ぶHRの経験を持つヒューズは、クラス最高の文化構築への集中で貢献します。以前は、ヒューズはカリフォルニア・デルタ・デンタルの人事管理責任者や、カイザー・パーマネンテの人事ソリューション責任者を務めていました。

ウィルカーソンは、次のように述べています。「私たちには、2025年までに世界の各部門の技術分野で男女平等を達成すべく主導する最も野心的・独創的で多様なリーダーが必要です。これら11人がもたらすユニークな経歴とさまざまな経験は驚くべきものです。これは、AnitaB.orgに必要な変化を推進するだけでなく、私たちのパートナー、お客さま、技術業界を全体的に導いて鼓舞し、素晴らしい結果を達成する極めて強力なチームです。」

新たな採用者は、ブレンダ・ダーデン・ウィルカーソンが2017年に入社して以来、構築を進めてきた革新的なリーダー集団に加わります。自身も先駆者であるウィルカーソンは、オリジナルのコンピューター・サイエンス・フォア・オール・プログラムを創設し、シカゴの公立学校でコンピューター科学クラスをすべての学生のカリキュラムに組み込み、これがオバマ政権の全国的なCS4Allイニシアチブ発足のヒントになりました。AnitaB.orgの幹部チームの全体には以下の人々が含まれます。

  • ジャクリーン・ブービエ・コープランド博士(最高執行責任者(COO))、受賞歴のある世界的な社会的影響分野の幹部で、人権と平等を促進する影響力の大きい組織の構築に30年のキャリアを捧げてきました。文化人類学者や都市設計者としての訓練を受けたコープランド博士は、そのリーダーシップが評価されて米国議会からHistoryMakerに選ばれました。マイ・ブラザーズ・キーパー・イニシアチブの当初案を設計し、オバマ大統領に採用されました。
  • ヨロンダ・デイビス(世界イベント・顧客経験担当副社長)、アップル、インテル、シマンテック、VMware、マルケトなどのフォーチュン200企業の戦略的イベント管理、顧客マーケティング、エンドユーザー対応、パートナー・マーケティング、ベンダー管理を主導してきた世界イベントの専門家です。
  • ミシェル・フラット(プログラム担当副社長)、英語教師、地区リーダー、直近では高校の校長を務めた教育の基礎を持つ強力なリーダーです。教育に関するその仕事は、有色人種のコミュニティーを悩ます不平等を撲滅することに焦点を当てていました。
  • Maggie Inbamuthiah(インド担当暫定マネジングディレクター)、製品ビジョン・戦略、顧客の導入、運用、事業開発、マーケティングなど、さまざまな部門で働いた経験を持ち、技術に関する深い経歴で貢献する起業家です。
  • メアリー・ケンプスキー(最高情報責任者)、AnitaB.orgで3年以上にわたり事業運営、インフラ、プロセス改善、アプリケーション導入を主導し、スケーラブルなシステムと技術ソリューションの戦略的ビジョン・実行を担当する経験豊富な技術リーダーです。
  • ジョー・アン・リー(最高財務責任者)、世界的な事業ユニット部門を財務面で監視し、確立された企業と機動性の高い新興企業の環境への独自の理解で貢献する経験豊富な財務リーダーです。
  • ステファニー・ロドリゲス博士(政策・エンゲージメント担当副社長)、トレーニングによる免疫学者で、長年にわたるSTEM関連のコミュニティー支援活動と全米科学財団のAAAS科学・技術政策フェローとしての活動を通じて、STEM教育政策・提唱活動の道を見出しました。
  • ダワナ・ウィリアムソン(イノベーションリード)、高成長環境でプログラムとサービスを首尾よく主導、革新、拡大する実証済みの能力を持つエンジニア出身の非営利運営の幹部です。

当組織は、10月1~4日にフロリダ州オーランドで世界最大の女性技術者の会合である年次グレース・ホッパー・セレブレーション(GHC)を開催し、50カ国以上から2万5000人以上の技術者(主に女性)が参加します。

AnitaB.orgについて

AnitaB.orgは、世界の職場で女性技術者の割合を高めることに取り組む非営利の社会的企業です。AnitaB.orgは、世界中の数万の女性や大手組織と協力して、多様で包摂的な職場文化を構築しています。その名が示すように、コンピューター科学の先見者であるアニタ・ボーグと、共同設立者でコンピューター科学者仲間のテリー・ホイットニーが1997年に設立した当組織は、技術を生み出すチームがそれを構築する人々と社会を反映する未来に向けて活動しています。

ツイッターでAnitaB.orgをフォローし、フェイスブックで「いいね」してください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Kelsey Quickstad
anitab@hotwireglobal.com

Contacts

Kelsey Quickstad
anitab@hotwireglobal.com