世界トップレベルの競泳選手がISLで競う:12月にラスベガスで決勝大会

ミラノ--()--(ビジネスワイヤ) -- 国際水泳リーグ代理/ラ・プレッセ・イタリア

韓国の光州で開催されていた第18回世界水泳選手権が閉幕したばかりですが、水泳競技に対する熱気は依然として高まったままです。数カ月後、正確には来たる10月には、世界的に重要なもう一つの素晴らしい大会が各地のプールを活気づかせます。それは、世界のトップ競泳選手が集結する新しいチーム競技大会の国際水泳リーグ(ISL)です。

サッカーにたとえると、ISLはいわば水泳のチャンピオンズリーグであり、出場できるのはスター選手だけです。

国際的な競泳のエリートたちが競い合うこの大会は、ウクライナの大物実業家であるKonstantin Grigorishinのアイデアから生まれたもので、一連の試合を経た後、12月20・21日にラスベガスで行われる決勝大会で最高潮を迎えます。

欧州4チームと米国4チームが米国の3つのステージ(インディアナポリス、ダラス、ワシントンD.C.)と欧州の3つのステージ(ナポリ、ブダペスト、ロンドン)で競います。世界規模のテレビ放映でレース観戦者を増やし、水泳をメディアで人気のスポーツにすることが大会の目標ですが、もちろん、主役は大会の出場者です。

現時点で、以下に挙げる驚くようなチャンピオン・スイマーが出場者リストに名を連ねています。

カティンカ・ホッスー選手、
フェデリカ・ペレグリニ選手、ケイト・キャンベル選手、サラ・ショーストレム選手、ミレイア・ベルモンテ選手、ケイティ・レデッキー選手、
アダム・ピーティー選手、
ネイサン・エイドリアン選手、
ライアン・マーフィー選手、
チャド・ルクロ選手、カイル・チャルマース選手、フローラン・マナドゥ選手

企画は現在進行中であり、この素晴らしい大会の詳細は9月の報道記者会見で正式に発表されます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Marcella Gastini/ +39 011 7413070/ marcella.gastini@lapresse.it

Contacts

Marcella Gastini/ +39 011 7413070/ marcella.gastini@lapresse.it