ポーランドでアンダーセンのプレゼンスが拡大

KSPリーガル・アンド・タックス・アドバイスがアンダーセン・タックス・アンド・リーガルの名称を採用

サンフランシスコ--()--(ビジネスワイヤ) -- 数カ月前に協力事務所としてアンダーセン・グローバルに加わったばかりのKSPリーガル・アンド・タックス・アドバイス(KSP T.Srokosz i Wspólnicy Sp.k.)が、アンダーセン・タックス・アンド・リーガルの名称を採用してポーランドのアンダーセン・タックス・アンド・リーガルのチームに加わりました。この結果、アンダーセンはポーランドの幅広い地域をカバーし、ワルシャワとカトヴィツェにアンダーセン・タックス・アンド・リーガルのオフィスを構えることになります。Marcin Matykaがワルシャワのアンダーセン・タックス・アンド・リーガルのマネジング・パートナーとなり、カトヴィツェのチームは引き続きオフィス・マネジング・パートナーのマグダレナ・パトリアスが指揮を執ります。

パトリアスは、次のように述べています。「アンダーセンの名称を採用し、世界中でシームレスな形で最高水準のサービスを提供することのできる世界的な組織の一員となることを大変うれしく思います。アンダーセンとの関係が確立された当初から、当グループがアンダーセンの価値と最良の税務および法務サービスの提供という使命と合致していることは明らかでした。これは、私たちが過去16年間、カトヴィツェで実践してきたことです。」

カトヴィツェのグループは、商法および労働法、環境保護、事業再編、訴訟および仲裁、VAT、不動産税、物品税、法人税のコンサルティングといった法務および税務サービスを提供する30名を超える法務および税務アドバイザーを擁しています。既存のワルシャワのチームも合わせると、現在ポーランドのアンダーセン・タックス・アンド・リーガルは60名を超える専門家を有することになり、あらゆる種類の法務および税務サービスを提供します。

Marcin Matykaは、次のように述べています。「すでにカトヴィツェの同僚との大きな相乗効果が生じています。こうした関係はますます強化されることになり、お客さまに提供するサービスの幅を広げることが可能になります。」

アンダーセン・グローバル会長でアンダーセン・タックス最高経営責任者(CEO)のマーク・フォアザッツは、次のように述べています。「新たに加わった仲間がアンダーセンの価値の伝統と評判を守ることのできる人格と誠実さを備えていることは明らかです。この度のポーランドのチームの拡充が、アンダーセン・グローバルにとってポーランド南部および中欧における事業機会の拡大をもたらすことを期待しています。」

アンダーセン・グローバルは、世界各地の税務および法務の専門家による法的に個別の独立した提携事務所の国際的連合体です。米国の提携事務所のアンダーセン・タックスにより2013年に設立されたアンダーセン・グローバルは現在、提携事務所と協力事務所を通して世界の144カ所以上の拠点に4500人を超える専門家を擁しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Megan Tsuei
Andersen Tax
415-764-2700

Contacts

Megan Tsuei
Andersen Tax
415-764-2700