ムーディーズ・アナリティックス、世界経済の新モデルと共同予測プラットフォームを発表

本モデルは、世界の貿易フロー、移住、金融市場、商品価格、および海外投資の間の相関関係を調査する新しいリサーチ・シリーズで、ムーディーズ・アナリティックスのエコノミストによって使用されています。

ニューヨーク--()--(ビジネスワイヤ) -- 大手金融情報会社のムーディーズ・アナリティックスは、新たなグローバル・マクロ経済モデルを導入したと発表しました。このモデルは、全体で世界の経済活動の95%を考慮したグローバルに相関した1万を超える経済・金融時系列を予測します。このモデルは、ムーディーズ・アナリティックスの画期的なウェブベースのプラットフォームであるScenario Studioで提供されます。このプラットフォームでは、複数の同時ユーザーが、経済シナリオまたは予測に関するリアルタイムかつ双方向の共同作業を行うことができます。

金融機関、政府機関、および事業会社は、このグローバル・マクロ経済モデルを用いて、国内外の経済ショックの影響を判断することができます。このモデルは、貿易フロー、金融市場の状況、移住、商品価格、海外投資を考慮します。このモデルは世界経済の複雑さを捉え、政策変更や地政学的事象の経済的影響が、一般的に考えられている以上にはるかに大きく、世界中により広範囲に広がり、より長期にわたるものであることを実証します。

ムーディーズ・アナリティックスのチーフ・エコノミストであるMark Zandiは、次のように述べています。「世界経済は貿易、移住、投資を通じてますます統合されています。世界の景気サイクルと信用サイクルが成熟する中、グローバル・マクロ経済モデルは、変化する経済政策および金融政策や地政学的事象の影響を評価し、将来の経済状況のシナリオを作成する上で重要なツールとなります。」

ユーザーは、このモデルとウェブベースのプラットフォームを用いて、複数のシナリオを同時に作成することができます。このモデルから得られる予測は、完全に文書化され、透明性があり、規制当局や監査の厳しい審査に対応した厳格なガバナンス・プロセスによってサポートされています。Scenario Studioのプラットフォームの高度なテクノロジーを基に、CCAR、ICAAP、IFRS第9号、およびCECLなどの規制遵守や会計基準に必要なシナリオを作成できます。

ムーディーズ・アナリティックスの予測部門のグローバル責任者であるMarisa DiNataleは、次のように述べています。「グローバル・マクロ経済モデルは経済理論と実証分析を両立させたモデルです。エコノミストやリスク管理者に対する要求が高まる中で、彼らのツールは、ますます複雑になる世界経済と規制要件に対応しなければなりません。私たちは、お客さまのこうした要求への対応を支援する強力なツールを市場に出すことができ、喜ばしく思っています。」

これらは、ムーディーズ・アナリティックスの経済予測チームが使用しているものと同じグローバル・モデルとプラットフォームで、国および地域の予測とシナリオ分析で高く評価されています。当社のエコノミストは、このモデルを用いて一連のリサーチレポートを作成しています。レポートでは、米国およびその貿易相手国間で高まる貿易摩擦、英国のEU離脱がもたらす国境を越えた影響、イタリアにおける最近の政情不安、エネルギー価格の変動、北米自由貿易協定(NAFTA)崩壊の可能性など、今日の最も切迫した難しい経済問題が世界にもたらす影響を調査しています。

本日発表したレポート「In No Good Hands: The Venezuela Crisis and Consequences for South America」(緊迫した状況:ベネズエラの危機と南米への影響)では、Marisa DiNataleを含むムーディーズ・アナリティックスのエコノミストが、グローバル・マクロ経済モデルを用いて、ベネズエラのマドゥロ大統領が新たな大統領任期を務め上げる場合、あるいは辞任する場合のベネズエラと他の南米諸国への経済的影響を評価しています。

その他、リサーチレポートで扱うテーマは次のとおりです。

  • 中国経済のリスクとその東南アジアに対する影響 初版レポートを見る
  • 米国と貿易: グローバリゼーションとこれに対する反発 初版レポートを見る
  • 気候変動: 経済的影響への備え
  • 欧州の統一と分裂
  • 消費者: グローバルな成長の原動力?
  • 生産性の難題

これらのグローバルなテーマに関する当社の最新のレポートについては、ムーディーズ・アナリティックスのマイクロサイト「Global Economic View」をご覧ください。

ムーディーズ・アナリティックスのグローバル・モデル手法とリサーチの詳細をお知りになりたい方は、間もなく開催される当社のウェビナーにご参加ださい。Mark Zandiをはじめとするエコノミストが、グローバル・モデルの機能と予測のガバナンス・プロセスについて説明し、最近のムーディーズ・アナリティックスのレポートを踏まえシナリオをご紹介します。

ムーディーズ・アナリティックスについて

ムーディーズ・アナリティックスは、お客さまの成長、効率性の向上、およびリスク管理を支援する金融情報と分析ツールを提供します。当社は、卓越したリスクに対する専門性と広範な情報資源、テクノロジーの革新的な応用を統合して、今日のビジネスリーダーが変化する市場に確信をもって対応できるようサポートします。業界をリードする当社のソリューションは市場で高く評価されており、リサーチ、データ、ソフトウェア、および専門サービスを組み合わせて、優れたカスタマー・エクスペリエンスを提供することができます。当社は、その品質、クライアント・サービス、およびインテグリティに対するたゆまない取り組みを背景に、信頼できるパートナーとして世界中の数千の機関に選ばれています。

ムーディーズ・アナリティックスは、ムーディーズ・コーポ レーション(NYSE: MCO)の子会社です。MCOは、2017年に42億米ドルの売上高を計上し、世界各地に約11,900名の従業員を擁し、41カ国で事業を運営しています。ムーディーズ・アナリティックスに関する詳細については、www.moodysanalytics.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Moody’s Analytics Communications
Katerina Soumilova, 001.212.553.1177
katerina.soumilova@moodys.com
moodysanalytics.com
twitter.com/moodysanalytics
linkedin.com/company/moodysanalytics

Contacts

Moody’s Analytics Communications
Katerina Soumilova, 001.212.553.1177
katerina.soumilova@moodys.com
moodysanalytics.com
twitter.com/moodysanalytics
linkedin.com/company/moodysanalytics