OAG、年次顧客評議会を北京で開始

中国の首都で航空、旅行、学術セクターのリーダーが新しいトレンドと動向について議論し、協働を通じたイノベーションの重要性が確認されました。

北京--()--(ビジネスワイヤ) -- デジタル飛行情報の提供で世界をリードするOAGは、北京で2018年中国ラウンドテーブルを開催し、新たなOAG顧客評議会のイニシアチブを開始しました。これは、招待者限定のエリート・フォーラムで、異なるゲートウェイ都市で会合を開き、航空業界の戦略的機会と課題について話し合うものです。2018年中国ラウンドテーブルで話し合われた主要問題には、「1路線1航空会社」の方針の緩和、北京新空港の開港の影響、旅行エコシステム内の技術的影響などがあります。

この初回イベントの開催都市として北京が選ばれた背景には、中国が世界最大の航空市場になる流れにあることや、航空旅客の増加、空港および路線開発、新たな旅行検索・予約技術の導入において中国がアジア太平洋市場をリードする存在であることがあります。中国はOAGにとって最も急速に発達している市場になり、毎年5400万件を超えるダイナミック・フライト状況更新が行われています。

OAGの最高製品責任者のVipul Nakumは、このように述べています。「OAG顧客評議会は、私たち全員が知識を深めて進歩するための新鮮な視点を提供し、急速に変化している航空セクターが直面する課題に対応するために役立ちます。戦略的グローバル都市で行われるこの高レベルの会議は、中国の躍動する首都である北京で始まり、今後、航空・旅行・観光セクターの主要人物との関係の深化、独自の情報の共有、当社製品開発への顧客の意見の反映に貢献していきます。」

OAGの製品およびサービス開発の内在的一部として考案されたOAG顧客評議会は、航空、旅行、観光、教育分野の主要オピニオンリーダーの小さなグループであり、戦略的なグローバル都市で毎年会合を開きます。参加者は、関係者同士で交流する機会を得ることができ、ビジネス上の課題について対話し、独自のデータ中心の知見を得ることができます。会合の後には、各参加者は、新たなOAGのコンセプトや製品プロトタイプを評価する四半期アップデートを受け取ります。

OAGについて

デジタルによるフライト情報の提供で世界をリードするOAGは、世界の航空会社、空港、政府機関、航空機メーカー、コンサルティング企業、旅行関連企業に、旅行セクター全体の正確かつタイムリーですぐに使用できる情報とアプリケーションを提供しています。詳細については、www.oag.comをご覧になり、ツイッターで @OAG Aviation をフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media:
For OAG
Esther Molina, +86 13671793896
esthertsj@outlook.com

Contacts

Media:
For OAG
Esther Molina, +86 13671793896
esthertsj@outlook.com