ビズブロックス、チェーンによるハードウェア・ウォレット・セキュリティー・プラットフォームを開始

Kaiser Wallet /BizBlocks Inc. MOU sign with Kyrgyzstan

韓国・大田--()--(ビジネスワイヤ) -- IT技術が最も発展した韓国のスタートアップ企業であるビズブロックス(BizBlocks)は、数種類のコア・キーと携帯電話のNFCを組み合わせた最強のキーに基づく、世界初の個人および法人向けブロックチェーン・ハードウェア・セキュリティー総合プラットフォームを開発し、業界で注目を集めています。

ブロックチェーンの技術は発展しているものの、秘密鍵のセキュリティーについては常に議論され、注目が集まっています。ビズブロックスの「カイザー・ウォレット」(Kaiser Wallet)は、既存のハードウェア・ウォレットの欠点を補い、PC、アンドロイド、IOS、リナックスなどのさまざまなオペレーティングシステムで動作します。

カイザー・ウォレットは、最も重要な技術を活用し、ブロックチェーン領域で安全に新しい資産を発行し取引することができます。6月上旬に発売予定のカイザー・ウォレットは、基本的な1セット(日常+バックアップ)で構成され、価格は競争力の高い30~50ドルです。

これは、クレジットカードと同じサイズで、実用性と可搬性を兼ね備え、ポケットや財布に入れて持ち運ぶことができます。ハードウェアと量子認証を組み合わせた2要素システムにより、セキュリティーはさらに強化されています。

ビズブロックスのユン・インヨン最高経営責任者(CEO)によると、開発は完了し、生産段階に入っています。6月初めにはカイザー・ウォレットの事業説明会が開催され、それと同時に世界各地で販売されます。また、海外20カ国以上でセキュリティー技術を促進する投資家向け広報を準備しています。

ユン最高経営責任者(CEO)によれば、カイザー・ウォレットの利点は、高いセキュリティー、低価格、安全性と利便性、使いやすさ、個人・法人向けに広く拡張可能なプラットフォーム、100種類以上のウォレットが搭載されていることです。ユン最高経営責任者(CEO)は、カイザー・ウォレットは、ハードウェア・セキュリティー・プラットフォーム事業で世界最大のシェアを獲得するとともに、今後のブロックチェーン・セキュリティー市場において主導的役割を果たすと確信しています。

ビズブロックス・インクとキルギスタン政府は、ロシアおよび中央アジア諸国と共同で、汎中央アジア・ブロックチェーン評議会の設立で合意し、2018年5月24日に、ブロックチェーンに基づく電子政府の創設および第4次産業ICT統合複合体の設立についてビジネス契約を結びました。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

BizBlocks Inc.
Tain Huh
Executive Manager
tainhuh@naver.com
https://bizblocks.io/

Contacts

BizBlocks Inc.
Tain Huh
Executive Manager
tainhuh@naver.com
https://bizblocks.io/