ゼネラル・ケーブル、調査疑惑の憶測に反論

米ケンタッキー州ハイランドハイツ--()--(ビジネスワイヤ) -- ゼネラル・ケーブル・コーポレーション(NYSE:BGC)は本日、米国司法省(DOJ)による新たな調査の疑惑に関する最近の報道に対して、以下の声明を発表しました。

最近、米国司法省が、ゼネラル・ケーブルに関して米国海外腐敗行為防止法(FCPA)に基づく新たな調査を行うとする報道があり、当社もこの報道を認識しています。当社の知る限り、当社は、2016年12月に米国司法省と締結した非訴追協定(NPA)の条件を順守しています。NPAの規定に従い、当社は定期的に司法省と連絡を取り合っており、現時点で、当社に対する新たな司法省の執行行為や調査は認識していません。

将来予想に関する記述についての注意事項

本通知の一定の記述は、将来予想に関する記述です。これには、当社によるNPAの順守、当社に対する執行行為または調査、当社経営陣の考え、予想、見解に関する記述が含まれますが、これらに限定されません。そのため当社は、1995年民事証券訴訟改革法に基づきこれらの記述に認められる「セーフハーバー」条項を活用したいと考えます。将来予想に関する記述は、将来の出来事や動向を予測または記述したものであり、過去の出来事のみに言及しているわけではありません。このような将来予想に関する記述には、「考える」、「予期する」、「かもしれない」、「できるだろう」、「予測する」、「意図する」、「するはずだ」、「見込む」、「推定する」、「だろう」、「計画する」、「想定する」、「努める」などの言葉やこれらに類似の表現、またこれらの否定形が含まれています。ただし将来予想に関する記述すべてにこれらの用語が含まれているわけではありません。また、その多くが当社の統制の及ばない要因、リスク、および不確実性の結果、実際の結果は将来予想に関する記述で議論されたものとは大きく異なる可能性があります。

これらの要因、リスク、不確実性には、海外腐敗行為防止法(FCPA)を含む外国および米国の法律と規則の当社による順守に関する不確実性、および当社が米国証券取引委員会(SEC)に提出した報告書に適宜記載された他の要因(2018年2月28日に証券取引委員会(SEC)に提出したフォーム10-Kによる当社の2017年度年次報告書の項目1Aおよびその後のSEC提出書類に記載された要因を含む)がありますが、これらに限定されるものではありません。これらの提出書類はhttp://www.sec.govで入手できます。

将来予想に関する記述は、本通知発表時点での将来の出来事に関する経営陣の見解と想定を表したものです。新たな情報や将来の出来事またはその他の要因が発生した場合でも、適用される証券法で義務付けられた場合を除き、当社はこれらの将来予想に関する記述を更新する義務を一切負うものではなく、そのような義務をここに否認します。本通知にこのような記述を記載することで、当社または他の人物が、これらの記述に記載された出来事や状況が重大であると認めたことにはなりません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

General Cable Corporation
Investor Relations, 859-572-8684

Contacts

General Cable Corporation
Investor Relations, 859-572-8684