GSMAが2018年モバイル・ワールド・コングレス上海の新たな基調講演者を発表

AT&Tビジネス、中国電信、エリクソン、華為技術の幹部が上海で基調講演、GSMAが新たな出展者、パートナー、スポンサー、イベントを確定

香港--()--(ビジネスワイヤ)-- GSMAは本日、2018年GSMAモバイル・ワールド・コングレス上海の基調プログラムに、モバイルエコシステムの一流組織の幹部が参加すると発表しました。またGSMAは、新しい「リーダーズ・ステージ」への参加が初めて確定した演者のほか、新たに確定した出展企業、パートナー、スポンサー、イベントを発表しました。モバイル・ワールド・コングレス上海は6月27〜29日に、上海新国際博覧中心(SNIEC)で開催されます。

GSMAのマイケル・オハラ最高マーケティング責任者(CMO)は、次のように述べています。「2018年モバイル・ワールド・コングレス上海の開幕まで、残すところ2カ月強となりましたが、非常に魅力的なプログラムを用意しています。今年のイベントは、モバイル分野の最新動向を紹介すると同時に、カンファレンス、展示、そしてWomen4Techや4YFNなどの特別プログラムを通じて、さまざまな体験を参加者に提供します。」

新たに確定した基調講演者

GSMAはモバイル・ワールド・コングレス上海への参加が新たに確定した基調講演者として、一流のモバイル通信事業者、インフラプロバイダー、その他企業の広範なモバイルエコシステムから参加する幹部の方々を発表しました。最近確定した演者は、下記の通りです。

  • サビーン・アリ氏、エンジェルハック、創立者・最高経営責任者(CEO)
  • タデウス・アロヨ氏、AT&Tビジネス、最高経営責任者(CEO)
  • Liu Aili氏、中国電信(チャイナテレコム)、社長兼最高執行責任者(COO)
  • ボリエ・エクホルム氏、エリクソン、社長兼最高経営責任者(CEO)
  • エリック・シュー氏、華為技術(ファーウェイ)、輪番会長
  • グレッグ・ワイラー氏、ワンウェブ、創立者・執行会長

またGSMAは、今年のモバイル・ワールド・コングレス上海の新しい催し物となるリーダーズ・ステージを紹介しました。リーダーズ・ステージ・プログラムは、VIPパス、ゴールド・パス、オール・エギジビション・パスを持つモバイル・ワールド・コングレス上海参加者を対象とし、モバイルの未来を形成し、市民の日常生活に影響を与えている広範なトレンドを取り上げます。リーダーズ・ステージに参加する幹部には、下記の方々が含まれます。

  • ニコール・リチャーズ氏、ダブテールド、キャタリスト
  • カーティ・ラド氏、メラキ・エグゼクティブ・サーチ&コンサルティング、エグゼクティブディレクター
  • Jingyi Yu氏、Plex-VR Digital Technology、会長兼チーフサイエンティスト
  • ベッシー・リー氏、Withinlink、最高経営責任者(CEO)・創立者

議題と確定した演者を含め、カンファレンスプログラムの詳細については、 www.mwcshanghai.com/conference-programmes/をご覧ください。

モバイル・ワールド・コングレス上海でWomen4Techサミットを開催

GSMAは、リーダーズ・ステージで6月28日(木)に開催するWomen4Techサミットの最初の演者を発表しました。Women4Techサミットには、上級幹部の演者とパネリストが参集し、大方の職場環境で男女平等を確保する方法について議論し、モバイル業界と関連業界で性別多様性を拡大するための戦略的アドバイスを共有します。サミットは、女性が技術分野における力づけ、励み、変革、革新で果たす役割に関連したテーマを重点的に取り上げます。Women4Techサミットの基調講演者とパネリストとして、いち早く確定したのは次の方々です。

  • ニコール・ペン氏、カナリス、モビリティー担当シニアディレクター
  • Åsa Tamsons氏、エリクソン、エグゼクティブバイスプレジデント兼新規事業担当ヘッド
  • Azita Arvani氏、ノキア、イノベーションパートナー&ベンチャー管理担当ヘッド
  • アンナ・イップ氏、スマートーン、エグゼクティブディレクター兼最高経営責任者(CEO)
  • メリー・クラーク氏、シンクロノス、最高マーケティング責任者(CMO)兼製品担当エグゼクティブバイスプレジデント

Women4Techのその他の活動として、スピードコーチングとネットワーキングのセッション、4YFNの諸活動、アジアでの業界リーダーシップにおける傑出した業績を表彰するWomen4Techアジアモバイル(AMO)賞などがあります。モバイル・ワールド・コングレス上海のWomen4Techプログラムに関する詳細については、www.mwcshanghai.com/experiences/gsma-women4tech/をご覧ください。

フォー・イヤーズ・フロム・ナウ(4YFN)の新たな進展

今年で3回目を迎える4YFNを再びアジアで開催し、主要な技術動向にスポットを当てるほか、破壊的革新を探り、新興企業、投資家、企業のために包括的なプログラムを用意します。4YFNは、特別なネットワーキング活動、感銘を与える講演、技術ワークショップ、地域へのアウトリーチ活動、4YFNサミットなど、交流のための独自イニシアチブを提供します。

2018年の4YFNは、NEXTechホールに設け、次世代の技術、製品、体験にスポットを当てます。4YFNの出展者には、大田情報・文化産業振興院(DICIA)、韓国創業振興院(KISED)、クアルコム・テクノロジーズ、上海市科技創業中心などがあります。

4YFNの創立者&投資家プログラムと4YFNサミットには、DCMベンチャーズ、IBMベンチャー・キャピタル・グループ、レジェンド・キャピタル、テレフォニカ・オープン・フューチャー、テルストラ・ベンチャーズなど、一流のベンチャーキャピタルと投資機関が参加します。6月27〜29日に実施する4YFNサミットで講演することが確定している幹部には、グローブ・テレコム傘下キックスタートの社長を務めるミネット・ナバレテ氏、ノキア・グロース・パートナーズのマネジングパートナーを務めるデビッド・タン氏、玉山創投(Yushan Ventures)のマネジングディレクターのフォルカー・ハイスターマン氏が含まれます。4YFNの詳しい情報については、www.mwcshanghai.com/4yfnをご覧ください。

アジアモバイル賞でも、「4YFN年間最優秀新興企業賞」で、4YFNを取り上げます。この賞は、新興企業コミュニティーで新技術の事業開発と投資の推進に傾注した組織を評価するものです。本賞の受賞者はリーダーズ・ステージで紹介されるほか、2019年4YFNバルセロナのブースが無償で提供されます。また受賞者は、事業加速、メンタリング、投資に関する4YFNプログラムに参加できます。そうしたものの1つに、ロンドンを拠点とするアクセラレーター企業として中国で事業を行い、4YFN賞パートナーを務めるBGTAのアクセラレータープログラムがあります。4YFNアジアモバイル賞に関する詳細については、 www.mwcshanghai.com/conference-programmes/asia-mobile-awards-2018/2018-categories/をご覧ください。

droidconをモバイル・ワールド・コングレス上海で実施

GSMAはChangfeng Alliance & Mobile Seasonsと提携し、モバイル・ワールド・コングレス上海でdroidconを開催します。2009年にベルリンで開始されたdroidconは有力な世界的コミュニティーとして、世界中の2万5000人を超える開発者から成ります。droidconは、アンドロイドの開発エンジニア、ユーザー、起業家が、技術の進歩、開発体験、革新の実務例を共有できるオープンプラットフォームの提供を目的としています。2018年droidcon上海は、NEXTechホール(ホールW5)のNEXTechシアターで、デバイス・シティー、AR/VR/MRゾーン、4YFNと共に開催されます

新たに確定した出展者とイベントパートナー

GSMAが新たに出展の確認をした地域パビリオンは、エンタープライズ・アイルランド、ロシア輸出センター、上海市科技創業中心に加え、韓国パビリオンの大邱デジタル産業振興院(DIP)、大田情報・文化産業振興院(DICIA)、光州情報・文化産業振興院(GITCT)、韓国情報通信振興協会(KAIT)、韓国情報・通信技術産業協会(KICTA)、韓国創業振興院です。

展示会ではほかにも、オートテックゾーンでアイサイト、オンスター、フォルクスワーゲンが、モバイルと自動車が交錯する領域を紹介します。AI(人工知能)ゾーンは、DozenやGowildなどの出展者がAIの最新動向を紹介するほか、IoT(モノのインターネット)ゾーンでは、263モバイル、アクースティクス、中興物聯(ZTE Welink)が、IoTを形作る技術やアプリケーションを実演します。展示会の詳しい情報については、www.mwcshanghai.com/exhibition/をご覧ください。

例年通り、GSMAイノベーション・シティーが展示会の一大ハイライトとなり、参加者は状況に応じながら技術を体験して、モバイル接続した製品とサービスがどのように日常生活を改善できるのか実感できます。新たにコンチネンタルとZhejiang Panshi Information Technologyがイノベーション・シティーへの参加企業となりましたが、すでに発表済みのパートナーであるBICS、華為技術、myFC、SI-Tech Information Technologyと共に参加します。詳しい情報については、www.mwcshanghai.com/exhibition/gsma-innovation-city/をご覧ください。

MWC上海ツアーがテーマ設定された体験を提供

参加者がモバイル・ワールド・コングレス上海をうまく見て回れるように、GSMAは業界専門家の案内により、4つのツアーをSNIECで実施します。MWC上海ツアーは「5GとNFV」、「人工知能」、「消費者向け技術とIoT」などのテーマを設定して、個々の参加者のビジネス目的やニーズに合わせた体験を提供します。MWC上海ツアーと登録に関する詳しい情報については、www.mwcshanghai.com/experiences/mwc-shanghai-tours/をご覧ください。

2018年モバイル・ワールド・コングレス上海に登録・参加しましょう

モバイル・ワールド・コングレス上海への参加登録を受け付け中です。モバイル・ワールド・コングレス上海の参加・出展・提携・後援の方法など、詳細については、www.mwcshanghai.comをご覧ください。モバイル・ワールド・コングレス上海の進展状況と最新情報は、ソーシャルメディアチャンネルでフォローできます。ツイッター(@GSMA、#MWCS18)でフォロー、リンクトインのショーケースページ(www.linkedin.com/company/mobile-world-congress-shanghaii)で定期的な最新情報の入手、フェイスブック(www.facebook.com/mwcshanghai)でフォローができます。中国では新浪微博(weibo.com/mwcshanghai)でフォローまたは微信(ウィーチャット)で“GSMA_MWCS”を検索してください。

-以上-

GSMAについて

GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、モバイル事業約800社を結集しています。そのうち300社以上は携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAはモバイル・ワールド・コングレス、モバイル・ワールド・コングレス上海、GSMAモバイル・ワールド・コングレス・アメリカズ、モバイル360シリーズのカンファレンスなど、業界を主導するイベントの開催も行っています

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.comをご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media Contacts:
For the GSMA
Ava Lau
+852 2533 9928
alau@webershandwick.com
or
Beau Bass
+44 79 7662 4962
beau.bass@webershandwick.com
or
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com

Contacts

Media Contacts:
For the GSMA
Ava Lau
+852 2533 9928
alau@webershandwick.com
or
Beau Bass
+44 79 7662 4962
beau.bass@webershandwick.com
or
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com