フォッシル・グループとプーマが時計とウェアラブル端末で提携

米テキサス州リチャードソン--()--(ビジネスワイヤ) -- フォッシル・グループ(NASDAQ: FOSL)とプーマは、プーマの時計とスマートウォッチのデザイン・開発・販売に関する2028年までの世界的ライセンス・パートナーシップ契約を締結しました。

フォッシル・グループのコスタ・カーツォティス最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「世界をリードするスポーツブランドのプーマとの提携は、大きな喜びです。プーマのウォッチ・コレクションに当社が持つ世界クラスのデザイン力と販売力を加えられることを嬉しく思います。」

プーマとフォッシル・グループは、プーマ・ブランドの時計とスマートウォッチのデザインと製造で協力します。二社の提携による製品は2019年に発売される予定です。新製品はフォッシル・グループの広範な世界的ネットワークを通じて、一部のデパート、専門店、Eコマース・チャネルで販売されます。

プーマのビヨン・グルデン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「アスリートの誕生と引退、その両方に関わる重要な要素が『時間』です。それだけに、時計とウェアラブル端末において最適なパートナーを得ることはプーマ・ブランドにとって大きな意味を持ち、フォッシル・グループは理想的な提携先です。フォッシル・グループが重点を置いているイノベーションは、プーマが製品によって消費者と世界最速のアスリートのニーズをかなえるために、大いに役立つでしょう。」

フォッシル・グループは1997年に最初のライセンス・パートナー契約を締結しました。それ以来、当社のポートフォリオ・ブランドは17社以上に増え、今回の契約によりプーマがポートフォリオに加わります。フォッシル・グループは、時計とアクセサリーで多数の世界の有名ブランドの主要パートナーとなっており、ウェアラブル端末では14ブランドの300種類を超えるスタイルを50カ国で21の言語により販売しています。

フォッシル・グループについて

フォッシル・グループは、世界でライフスタイル・アクセサリーのデザイン、マーケティング、販売、イノベーションを実践するグローバル企業です。多彩な自社ブランドおよびライセンス・ブランドの下で、ファッションウォッチ、ジュエリー、ハンドバッグ、レザーグッズ、ウェアラブル端末などを展開しており、最新の自社ブランド「ミスフィット」により、デザイン性と機能を併せ持つ製品を、急速に成長しているコネクテッド市場に投入しました。当社は自社ブランドのフォッシル、ミッシェル、ミスフィット、レリック、スカーゲン、ゾディアック、およびライセンス・ブランドのアルマーニ エクスチェンジ、チャップス、ディーゼル、DKNY、エンポリオ アルマーニ、カール ラガーフェルド、ケイト・スペード ニューヨーク、マーク ジェイコブス、マイケル・コース、トリー バーチで、最高のデザインとイノベーションの提供に全力を傾けています。150カ国に550箇所以上の小売拠点を持つ広範なホールセール販売ネットワークを通じて、各ブランドのストーリーを消費者の元に届けます。当社に関するプレスリリースと証券取引委員会(SEC)に提出した文書は、www.fossilgroup.comでもご覧になれます。

プーマについて

プーマは、フットウェア、アパレル、アクセサリーのデザイン、製品開発、販売、マーケティングを展開する世界トップクラスのスポーツブランドで、65年以上にわたり、世界最速のアスリートのためのスピードにこだわった製品づくりの歴史を確立してきました。プーマは、サッカー、ランニング、トレーニング、ゴルフ、モータースポーツなどのカテゴリーで、優れた性能を持つスポーツ志向のライフスタイル製品を提供しており、スピード向上に貢献する革新的なデザインをスポーツ界にもたらすために、有名デザイン・ブランドと提携しています。プーマ・グループの所有ブランドはプーマ、コブラゴルフ、ドボテックスです。当社は120カ国以上で製品を販売し、世界で1万1000人を超える従業員を雇用しています。本社所在地はドイツのヘルツォーゲンアウラッハです。詳細情報については、http://www.puma.comをご覧ください。

フォッシル・グループのセーフハーバー

本プレスリリースに含まれる、歴史的事実ではない特定の記述は1995年米国民事証券訴訟改革法が定める意味における「将来予想に関する記述」であり、数々のリスクと不確実性を伴います。こうした将来予想に関する記述で説明される将来的な出来事の実際の結果は、かかる記述で予測されたものとは大幅に異なる可能性があります。大幅に異なる実際の結果をもたらし得る要因には、米国証券取引委員会に提出したフォーム10-Kによる当社の2017年12月30日締めの年度の年次報告書に記載されたリスクと不確定要素が含まれます。こうした将来予想に関する記述は、今後の進展とそれが当社にもたらし得る影響に関する現在の期待と認識に基づくものです。経営陣はこうした将来予想に関する記述は本リリース作成時点において合理性があると確信していますが、当社に影響を及ぼす今後の進展が期待通りに進むかについて保証することはできません。本リリースの読者は判断の際にこうした要素を念頭に置く必要があり、将来予想に関する記述には過度の信頼を寄せないよう注意してください。法律で義務付けられた場合を除き、新たな情報が発生したり、今後の進展などがあった場合でも、当社は将来予想に関する記述を公に更新したり、改訂する義務を負うものではありません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Fossil Group, Inc.
Fossil Group Public Relations:
Ann Jane Draper, 214-498-4966
or
ICR, Inc.
Fossil Group Investor Relations:
Allison Malkin, 203-682-8225
or
PUMA SE Corporate Communications
Agathe Zakarian, +49 9132 81 3165
agathe.zakarian@puma.com

Contacts

Fossil Group, Inc.
Fossil Group Public Relations:
Ann Jane Draper, 214-498-4966
or
ICR, Inc.
Fossil Group Investor Relations:
Allison Malkin, 203-682-8225
or
PUMA SE Corporate Communications
Agathe Zakarian, +49 9132 81 3165
agathe.zakarian@puma.com