トレーディング・テクノロジーズ、TT® プラットフォームを東京に展開

米国シカゴ、東京--()--(ビジネスワイヤ) -- 高性能プロフェッショナル取引ソフトウェアの世界的なメーカー、Trading Technologies International, Inc (本社:米国イリノイ州シカゴ、CEO:リック・レーン、以下「TT」) は本日、東京における TT プラットフォームを通じた執行接続サービスの顧客への提供を発表しました。こにより、アジア・太平洋地域での TT の存在が高まるとともに、この地域のユーザーに TT の世界的なコロケーション データ センター ネットワークを通じた低遅延の執行アクセスが提供可能となります。

この度 TT は、JPX コロケーション エリアからの大阪取引所 (OSE) への接続を開始しました。また近日中に、アット東京 CC2 プレミアム ラックコロケーション スペースから、東京商品取引所 (TOCOM) と東京金融取引所 (TFX) へのプロキシミティ接続を提供する予定です。この取引所接続モデルの強化により、トレーダーに TT プラットフォームを通じたダイレクト マーケット アクセスとシームレスな売買執行が提供できます。

Trading Technologies のアジア太平洋地域営業部長マイケル・ピーターズは、「TT プラットフォームの東京への展開は、アジア・太平洋地域への長期的コミットメントと、世界中のプロフェッショナル トレーダーが容易にアクセスできて信頼のおける優れた取引執行サービスを提供し続けたいという弊社の理念を示しています」 と述べています。

日本取引所グループの常務執行役、CIO の横山隆介氏は、「日本取引所グループ (JPX) のコロケーション スペースに Trading Technologies を迎え入れることを非常に嬉しく思います。TT が JPX とコロケーションを実現することで、ユーザーは相場情報にダイレクトでアクセスでき、大阪取引所 (OSE) に超低遅延で売買執行することが可能になります。TT は最も多様なデリバティブ プラットフォームの1つを提供している会社です。この展開により、ユーザーがより円滑に注文を執行できるようになることを願っています」と述べています。

TT は昨年、ロンドン金属取引所 (LME) と香港取引所 (HKEX) にてコロケーション アクセスの展開を発表しました。TT は 2018年に、ブラジルの B3 のデータ センターを通じた接続を予定していて、インフラの世界的強化を計画しています。

トレーディング・テクノロジーズについて

Trading Technologies International, Inc (www.tradingtechnologies.com, @Trading_Tech) は、 プロップ トレーダー、ブローカー、マネー マネージャー、CTA、ヘッジ ファンド、コマーシャル ヘッジャー、リスク マネージャーを含め様々なユーザーに、プロフェッショナル取引ソフトウェアと取引ソリューションを提供しています。弊社は TT® と X_TRADER® のトレード プラットフォームを通じて世界各国の主要取引所や取引べニューへのアクセスを提供しているほか、仮想通貨取引所向けの技術開発や、リアルタイム AI テクノロジーを駆使したトレードサーベイランス ツールの展開を行っています。

Contacts

メディア情報のお問い合わせ
Trading Technologies International, Inc:
3Points Communications
Lorna Kiewert
(312) 725-7950
Lorna@3ptscomm.com

Contacts

メディア情報のお問い合わせ
Trading Technologies International, Inc:
3Points Communications
Lorna Kiewert
(312) 725-7950
Lorna@3ptscomm.com