UNCTADとアリババビジネススクールがアジアの起業家向けにeFoundersイニシアチブをキックオフ

第2陣の37人の参加者が2017年に実施されたアフリカ起業家向け初回プログラムと同様のプログラムに参加

The first class of 37 entrepreneurs from Asia receiving first-hand exposure to e-commerce innovations as part of the eFounders Initiative organized by Alibaba Group and UNCTAD, which aims to enable them to be the future digital ecosystem builders in their home countries. (Photo: Business Wire)

ジュネーブ & 中国・杭州--()--(ビジネスワイヤ) -- 国際連合貿易開発会議(UNCTAD)とアリババビジネススクールは本日、eFoundersイニシアチブの最初のクラスにアジアの起業家37人を受け入れ、中国・杭州のアリババのキャンパスで入学式を開催しました。

この11日間のコースは、UNCTAD特別顧問を務めるアリババグループの創業者で執行会長のジャック・マーによるコミットメントの一部であり、5年間で発展途上国の1000人の起業家に力を与えることを目指しています。

アジアの起業家のためのこの初回プログラムは、昨年11月にアフリカの参加者24人を集めた最初のクラスの成功を受けて開始されました。

厳格な選抜プロセスを通過したカンボジア、インドネシア、マレーシア、パキスタン、フィリピン、タイ、ベトナムからの最終候補者が、11日間の集中コースに参加し、中国や世界各地のeコマース・イノベーションを直接体験し、eFoundersフェローとなります。

最終的に、これらの若い起業家は自国でカタリストになり、経済のデジタル変革を推進することになります。

スマート・パートナーシップ

UNCTADのeFoundersイニシアチブ・コーディネーターのArlette Verploegh氏は、このように述べています。「私たちは、若者に働きかけ、私たちが包摂的で持続可能な経済成長のために行っている作業に迎え入れたいと考えています。このイニシアチブは、若い起業家のデジタル格差を埋め、その潜在能力を解き放つためのものです。これは、UNCTADが持続可能な開発目標を達成するために作っているいくつもの小規模パートナーシップの一部です。」

参加者は全員が新興企業の創業者であり、その範囲は、eコマースから、ビッグデータ、物流、フィンテック、支払い、観光まで多岐にわたります。

グローバル・イニシアチブズのプログラムの代表を務めるアリババグループのバイスプレジデントのBrian A. Wongは、このように語っています。「私たちは、世界各地でデジタルの主唱者とコミュニティーに力を与えるという当社のコミットメントの一部として、初めてこの起業家のフェローをアジアから拡大していくことに期待を感じています。」

当社の目標は、すべての人が参加して恩恵を受けることができるプラットフォームを作ることで自分のビジネスだけでなく社会のためにも好ましい包摂的な開発モデルを作るためのパイオニアとなるべく、起業家を感化することです。」

このイニシアチブは、持続可能な開発のための2030アジェンダの支援を受けており、デジタル経済で誰も取り残されないようにし、新興国の企業が直面するデジタル格差を克服することに貢献する行動の幅広い呼び掛けに沿ったものとなっています。

UNCTADとアリババビジネススクールが共同で組織したeFoundersイニシアチブはまた、自国市場とその先で中小企業が成功できるように支援するというアリババの使命にも貢献します。これは、UNCTADの若年起業家および小企業特別顧問としてのJack Maが、2017年にUNCTAD事務局長のMukhisa Kituyi博士と共にアフリカを訪れた時に初めて発表されました。

eコマースのエコシステム

eFoundersイニシアチブの参加者は、eコマースとテクノロジーが中国の社会に与えている変容的影響を直接学び、講義や地元の実践者や経営幹部との議論に参加して自国市場に応用できる教訓を見つけ出します。トピックとしては、アリババグループやeコマースのバリューチェーンで成功しているその他の企業におけるeコマース、支払い、物流、ビッグデータ、観光の話題が取り上げられ、セッションでは、デジタル・ファイナンス、スマート・ロジスティクス、農村eコマース開発などが扱われます。

修了時には、参加者は公式なeFoundersイニシアチブのフェローとなり、このプログラムで学んだことを応用する方法に関して正式な誓約を行います。世界の若い有望な起業家から成るeFoundersイニシアチブの大きなコミュニティーの一部として、UNCTADとアリババグループは、eコマース・エコシステムの創出についても、他のステークホルダーと共同で助言と支援を継続的に行っていきます。

eFoundersフェローの最初のクラスであるアフリカの24人の起業家は、杭州のものとよく似た2週間の集中ワークショップを経て、2017年11月にプログラムを修了しました。

イニシアチブの効果を拡大するため、UNCTADとアリババは、フェローとのフォローアップ・ミーティングをすでに一巡させました。どのフェローも、学んだことを自分の事業に積極的に活用しており、自国のコミュニティーに知見を広めています。フェローは、自分のコミットメントを達成するために活動しており、3カ月ごとに継続的にUNCTADとアリババに報告をしています。

eFoundersイニシアチブの詳細情報については、https://agi.alibaba.com/efounders-fellowshipおよびhttp://unctad.org/en/pages/newsdetails.aspx?OriginalVersionID=1615をご覧ください。

UNCTADについて

eFoundersイニシアチブは、UNCTADが持続可能な開発目標を達成するために作っているいくつもの小規模パートナーシップの一部です。

アリババグループについて

アリババグループの使命は、どこでもビジネスが簡単にできるようにすることです。アリババグループは、未来の商取引のインフラの構築を目指しています。お客さまがアリババで出会い、働き、生活すること、そして少なくとも102年存続する会社となることを目標にしています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

UNCTAD Communications and Information Unit
+41 22 917 5828 / +41 79 502 43 11
unctadpress@unctad.org
または
Alibaba Group
Katie Lee, +852 9728 0979
k.lee@alibaba-inc.com

Contacts

UNCTAD Communications and Information Unit
+41 22 917 5828 / +41 79 502 43 11
unctadpress@unctad.org
または
Alibaba Group
Katie Lee, +852 9728 0979
k.lee@alibaba-inc.com