AGCO農業基金がウクライナ緊急救援に寄付

当基金はウクライナとその国境地帯での人道的努力を支援します

米ジョージア州ダルース--()--(ビジネスワイヤ) -- 持続可能な農業開発を通じて飢餓を予防・軽減するビジョンを持つ民間基金のAGCO農業基金(AAF)は本日、世界食糧計画USA(WFPUSA)への10万ドルの寄付を発表しました。この寄付は、ウクライナ国内および近隣諸国の紛争の影響を受けた家族に食糧支援を提供する国連世界食糧計画(WFP)の緊急救援活動をサポートします。

農業従事者、農業コミュニティー、住居、経済はすべて、ウクライナで進行中の危機によりひどく影響を受けています。さらに、人々は家や家族、農場、土地、事業を捨てて避難しています。この危機の時に、私たちの想いと祈りをウクライナの従業員、家族、人々に捧げます。

AGCO農業基金のロジャー・N・バトキン理事長は、次のように述べています。「ウクライナでの危機により生活と土地が破壊されるのを目にし、深く心を痛めています。持続可能な方法で世界に食料を供給することは、当基金の目的の中核であり、私たちはウクライナ危機に巻き込まれた人々の食料安全保障を直接に懸念しています。コミュニティー開発と人道的な焦点を通じて、当基金はウクライナとその国境地帯の影響を受けた家族に食糧支援を提供するために、国連世界食糧計画の緊急活動への早急の寄付を動員しています。」

国連世界食糧計画は最近、ウクライナでの紛争から逃げる民間人に食糧支援を提供するための緊急対応に5億7000万ドルを求める緊急活動を開始しました。

AGCOコーポレーションとAAFは寄付総額の延長として、国連世界食糧計画と共に「ShareTheMeal」チーム・キャンペーンを開始し、3カ月で18万2000食の目標を達成しようとしています。その結果として、AGCOの従業員と関係するステークホルダーは、ウクライナで現在行われている緊急救援と食糧支援を支援するために、個人またはグループで寄付をすることができます。55セントで、1日1食を提供することができます。

AGCOのアイボリー・ハリス最高人事責任者は、次のように述べています。「私たちの最初の優先事項は、ウクライナの従業員とその家族を保護することでした。その後、私たちの共同の懸念は、ウクライナをサポートするために実行できる行動へとすぐに移行しました。国連世界食糧計画に貢献し、ShareTheMealチームのチャレンジを通じてウクライナの緊急食料支援に貢献する機会を従業員に提供できることに感謝します。」

「AGCOウクライナ緊急救援」ShareTheMealに参加

Google PlayまたはApp StoreでShareTheMealアプリをダウンロードして、「AGCOウクライナ緊急救援」チームのチャレンジに参加するか、こちらのウェブから直接チャレンジにアクセスして、国連世界食糧計画を通じてウクライナの家族に食料支援を提供してください。皆さまの寛大な寄付により、より多くの人々に手を差し伸べ、食料を提供することができます。

  • 0.80ドルで成人の2000Kcalの所要量を満たし、1人の人に1日分の食料を提供することができます。
  • 5.60ドルで、1人の人に1週間食料を提供することができます。
  • 24ドルで、1人の人に1カ月間(30日を基準)食料を提供することができます。
  • 72ドルで、1人の人に3カ月間(90日を基準)食料を提供することができます。
  • 292ドルで、1人の人に1年間食料を提供することができます。

この人道危機が飢餓と食料不足の危機にならないように、今日から私たちの活動に参加してください。

AGCOについて

AGCO(NYSE:AGCO)は、農業機械と精密アグ・テクノロジーの設計・製造・販売における世界的リーダー企業です。AGCOは、Challenger®、Fendt®、GSI®、Massey Ferguson®、Valtra®といった中核的ブランドを含む差別化されたブランド・ポートフォリオを通じて顧客価値を提供しています。Fuse®スマート農業ソリューションを備えたAGCOのフルラインの機器とサービスは、世界に食糧を持続可能な形で供給する農業従事者を支援します。1990年に設立され、米国ジョージア州ダルースに本社を構えるAGCOは、2021年に111億ドルの売上高を記録しました。詳しい情報については、www.AGCOcorp.comをご覧ください。当社のニュース、情報、イベントについては、ツイッターで@AGCOCorpをフォローしてください。ツイッターでの財務ニュースについては、ハッシュタグ#AGCOIRの投稿をフォローしてください。

AGCO農業基金(AAF)について

AGCOコーポレーション(NYSE: AGCO)が2018年に開始したAGCO農業基金(AAF)は、飢餓の予防と救済を目指す民間基金です。当基金は、食料安全保障を支え、持続可能な農業開発を促し、社会の周縁に追いやられている農業コミュニティーで必要な農業インフラストラクチャーを構築する影響力のあるプログラムを発足させています。AAFはリヒテンシュタインのファドゥーツを本拠地とし、米国ジョージア州ダルースで運営を管理しています。詳細情報については、https://www.agcofoundation.org/をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Metti Richenhagen, AGCO Agriculture Foundation
AGCOagriFoundation@agcocorp.com

 

Contacts

Metti Richenhagen, AGCO Agriculture Foundation
AGCOagriFoundation@agcocorp.com