Nexoトークンの保有者は配当金20,428,359.89ドルを受領

  • Nexoは、適格トークン保有者に配当金として20,428,359.89ドルを分配しました。
  • 当社が配当金を通じて投資家に還元してきた金額は、総額3000万ドルになりました。
  • これは、NEXOトークンへの日次利払いへの移行を受け、4回目で最後となるNexo配当金です。

Official Dividend Announcement - Nexo Board of Directors

ロンドン--()--(ビジネスワイヤ) -- 本日、先進的デジタル資産金融機関のNexoは、適格NEXOトークン保有者に4回目の配当金20,428,359.89ドルを分配しました。この支払金は、当社の2020年6月30日から2021年5月30日までの会計期間における純利益の30%で構成され、2020年8月15日の3回目の分配金6,127,981.39ドルと比べて233%の増加となっています。

この配当金の分配は、Nexoの最初のガバナンス投票の結果です。これは、NEXOトークンの保有者がNexoプラットフォームの重要な決定と変更に参加することを可能にする新たな仕組みです。6月8日のガバナンス投票を通じて、Nexoのコミュニティーは、NEXOトークンに対して最大12%(年利)の日次支払いの方が配当金よりも好ましいという意思を示しました。投資家が悪影響を受けないようにするため、Nexoは4回目の最終の配当金を2021年6月16日に支払いました。

わずか3年の間に、当社は総額で3000万ドル近い配当金を4回の分配を通じてトークン保有者に支払ってきました。最終配当の後も、Nexoは日次付利プログラムを通じてトークン保有者に経済的利益の分配を継続します。この新しい仕組みは2021年6月8日に始まったもので、NEXOトークンの利回りをこれまでよりも定期的で予測可能で柔軟性の高いものにします。

「当社の配当金プログラムはNexoの設立当初からその基本的部分となってきたものですから、当然のこととして、それがなくなることに対して当社のチームは感傷的になっています。しかしながら、Nexoの心髄は持続的なイノベーションであり、金融の新世界の舞台に最初の一歩を記すことです。それが意味することには、財産分配の従来的なモデルから決別してNEXOトークンの日次付利のような新たな効率的なものを作り上げることも含まれます」と、共同創立者でマネジングパートナーのAntoni TrenchevがNexoの最後の配当金について語りました。

NEXOトークンに対するこの最終配当および日次付利の発表の直前に、Nexonomicsのオーバーホールに関するいくつかの新たな発表がありました。これは、そのトークノミクスの推進、利便性の強化、デジタル経済内での価値の定着を目的としたNEXOトークンの一連のアップグレードと機能についてのものです。

- 以上 -

Nexoについて

Nexoは世界を代表する規制対象デジタル資産金融機関です。当社のミッションは、税効率の高いInstant Crypto Credit Lines™、利回りの高いEarn on Crypto & Fiatスイート、高度なトレーディングおよびOTC能力を提供することで暗号通貨の価値と利便性を最大化することであり、同時に最高クラスの保管保険とNexoウォレットの軍用グレードのセキュリティーも提供します。Nexoは、200以上の法域にわたる150万人を超えるユーザーのために資産を管理しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media contact for Nexo
Magdalena Hristova
Nexo PR Team
pr@nexo.io

Contacts

Media contact for Nexo
Magdalena Hristova
Nexo PR Team
pr@nexo.io