アンダーセン・グローバルがモナコのアドバイザリー会社と共に欧州の基盤を拡大

サンフランシスコ--()--(ビジネスワイヤ) -- アンダーセン・グローバルは、モナコのアドバイザリー会社EBCトラストとの協力契約を通じて西欧でのプレゼンスを拡大します。これにより、グローバルな当組織のプライベート・クライアント・サービス業務が補完され、クライアントの国際的なニーズに提携事務所と協力事務所を通じて応える能力が強化されます。

1975年に設立されたEBCトラストは、オフィスマネジングパートナーのRichard Maclellanが統括し、企業サービスおよびプライベート・クライアント・サービスを専門としています。その重点分野には、クライアントの基礎資産のアクティブな運用や経理・報告のサービスが含まれます。7人の専門家によるチームは、オペレーション、金融、規制面のコンプライアンスに経験を持ち、モナコで信託サービスを提供する認可を受けているほか、モナコの不動産に対する受益所有申告も可能です。さらに、ファミリーオフィスの形成、税務コンプライアンス、退職・継承計画、モナコへの移住に関する支援も行っています。

Richard Maclellanは、このように述べています。「私たちはこれまで優れたクライアント・サービスを最優先してきており、今後もこれは変わりません。受託責任への献身と透明性に対する注力により、私たちはクライアントの最良の利益となる独立的助言と個別対応のサービスを提供することができます。アンダーセン・グローバルとの協力は私たちのサービス提供をさらに強化し、スムーズな解決策とグローバル組織のリソースをクライアントに提供する能力を高めます。欧州と世界のアンダーセン・グローバルの提携事務所および協力事務所と連携してシナジー効果のある実務関係を確立していくことを楽しみにしています。」

アンダーセン・グローバル会長でアンダーセン最高経営責任者(CEO)のマーク・フォアザッツは、次のように述べています。「モナコは重要な市場であり、EBCトラストとの協力により、当社はクライアントにさらに包括的なソリューションを提供できる立場を得ることになり、当組織の西欧の対応地域は拡大します。Maclellanとそのチームは、卓越した深みのある知識と経験を持ち、この地域の私たちのプラットフォームを強化する理想的な人々です。その高い評判、社風、私たちとの考え方の共通性により、世界各地の私たちの提携事務所および協力事務所と相乗効果を発揮しながら協力することが可能です。」

アンダーセン・グローバルは、世界各地の税務および法務の専門家で構成される法的に個別の独立した提携事務所の国際的連合体です。米国の提携事務所のアンダーセン・タックスにより2013年に設立されたアンダーセン・グローバルは現在、提携事務所と協力事務所を通して世界の265カ所以上の拠点に7000人を超える専門家を擁しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Megan Tsuei
Andersen Global
415-764-2700

Contacts

Megan Tsuei
Andersen Global
415-764-2700