アンダーセン・グローバルが東欧でのプレゼンスを強化、ウクライナに進出

サンフランシスコ--()--(ビジネスワイヤ) -- アンダーセン・グローバルは、現地大手事務所Sayenko Kharenkoとの協力契約を通じてウクライナに進出し、世界的なプラットフォームを東欧でさらに拡大したと発表しました。

2004年に設立されたSayenko Kharenkoは、17人のパートナーと120人を超える専門家を擁するウクライナ最大の法律事務所の1つです。同事務所は複雑な国際的案件や国内の案件を専門とし、医療、医薬品、農業、エネルギー、小売り、天然資源などの様々な業界にサービスを提供しています。

オフィス・マネジングディレクターのナザル・チェルニャフスキーは、次のように述べています。「当事務所の税務部門は近年ダイナミックな成長を遂げており、アンダーセン・グローバルと協力することで、変化し続けるクライアントの税務およびビジネス上のニーズに的確に応えるだけでなく、グローバルなニーズにも巧みに対応することが可能になります。アーサー・アンダーセン出身の当事務所税務部門パートナーのスヴェトラーナ・ムシエンコが、アンダーセン・グローバルとの協業を助けます。私たちは、同じような考えを持つ世界中の人々と同じ価値観を共有して仕事ができることの重要性と影響力を認識しています。」

アンダーセン・グローバル会長でアンダーセン最高経営責任者(CEO)のマーク・フォアザッツは、次のように述べています。「Sayenko Kharenkoが加わることで、東欧でのアンダーセン・グローバルのプレゼンスに新たな深みがもたらされ、同時にこの地域で追加的なサービスの提供が可能になります。Sayenko Kharenkoがウクライナで最も優れた事務所であることに疑問の余地はありません。責務に対する情熱を持ち、最高水準のソリューションをクライアントに提供する能力を実証している同事務所は、私たちの組織にシームレスに溶け込むでしょう。」

アンダーセン・グローバルは、世界各地の税務および法務の専門家による法的に個別の独立した提携事務所の国際的連合体です。米国の提携事務所のアンダーセン・タックスにより2013年に設立されたアンダーセン・グローバルは現在、提携事務所と協力事務所を通して世界の168カ所以上の拠点に5000人を超える専門家を擁しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Megan Tsuei
Andersen Global
415-764-2700

Contacts

Megan Tsuei
Andersen Global
415-764-2700