CSCがオランダのTCS-Groepを買収

取引により欧州でのファンド・サービス能力を拡大

米デラウェア州ウィルミントン--()--(ビジネスワイヤ) -- ビジネス、法務、税務、デジタル・ブランド・サービスの世界的リーダー企業のCSCは、オランダを本拠とするオルタナティブ投資ファンド(AIF)向けサービス会社のTCS-Groep(TCS)を買収したことを発表します。この買収は、2019年11月4日に最初に発表され、2020年3月31日に規制当局の承認を得て完了しました。

TCSの買収により、オルタナティブ投資運用会社向けのCSCの能力が拡大し、もう1つの主要な欧州金融センターに物理的拠点を持つことになります。CSCは、ファンド運用会社にサービスを提供する他の欧州オフィスを、ロンドン、ルクセンブルク、ダブリンに置いています。この買収に先立ち、CSCは最近いくつかの戦略的な採用と投資を行っています。これには、既存事業の拡大によるものと米国およびアジア太平洋市場でのファンド管理事業の設立によるものが含まれます。

CSCの上席副社長のジョン・ハバートは、次のように述べています。「この買収により、欧州での当社の能力が拡大するだけでなく、非公開の独立したサービス会社としての競争優位性が強化されます。当社の長期的な安定性と顧客重視のアプローチは、ファンドのお客さまに高く評価されており、また、当社のそれぞれの組織間での企業文化の高い整合性につながっています。TCSには優れた実績と、当社と同様のサービス重視の文化があります。両社のサービスと質の高い顧客サービスに対する両社の高い評価により、日々の市場に提供される独自のサービスが生まれます。これは、世界全体が困難な状況にある現時点においてはなおさら重要です。」

1991年に設立され、オランダのマールスベルゲンに本社を置くTCSは、不動産、プライベート・エクイティ、プライベート・デット、ソーシャルインパクト・ファンドを中心に、オルタナティブ資産運用会社にファンド管理および預託サービスを提供し、お客さまのために68億ユーロを超える資産を管理しています。TCSは、オランダを本拠とするファンドにバックオフィス、コンプライアンス、会計、税務、代理、本拠地のサービスを提供するオランダ最大のノンバンク預託機関です。

TCS-Groepのビルヒッテ・ファン・デン・ブルク最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「合併の完了により、オランダ内外で最高の質のファンド・サービス事業を構築してきた当社の成功を両社が力を合わせてさらに加速させます。合併が完了するまでCSCのチームと共に活動してきた中で、この事業でCSCとTCSはぴったりの組み合わせであるという考えがさらに強まりました。両社のパートナーシップにより、お客さまが期待する卓越したサービスへの両社の取り組みが強化されるとともに、このような不確実な時代において有益となる世界的な多様性が提供されます。当社のお客さまは引き続き、既存の顧客サービス・チームから個別対応のサービスを受け、お客さまと従業員の双方が、CSCを介してアクセスできるようになった幅広い知識ベースを利用することができます。」

この買収により、マネジングディレクターのリアム・マクヒューが、欧州でのCSCのファンド管理事業を統括します。CSCのグローバル・ファンド管理は、ほかに米国のマネジングディレクターのオレグ・ヤブロノフスキーと、アジア太平洋のマネジングディレクターのアグネス・チェンが統括します。CSCは世界のお客さまから信頼を得ており、世界のオルタナティブ資産運用会社上位100社の60%以上の揺るぎないパートナーとなっています。

ハバートは次のように述べています。「買収が完了した今、私たちは1つのチームとして前進できることをうれしく思っています。既存の欧州事業にTCSが加わることで、既存のお客さまと新規のお客さまに専門知識をさらに提供することができます。」

買収の一環として、TCSの2つのオフィスの26人のスタッフがCSCに加わります。金銭的条件は発表されていません。CSCの法律顧問はペッパー・ハミルトンとハウトホフが務めました。フィデルフィ・コーポレート・ファイナンスがTCS-Groepの単独財務顧問を務め、ヤンセン・ブルクハイゼンが法律助言を提供しました。

CSCについて

CSCは、さまざまなファンド戦略を採用する代替資産運用会社、公開市場と非公開市場の資本市場参加者、受託・ガバナンスサポートを必要とする企業に専門管理サービスを提供する大手企業です。当社は、フォーチュン500社の90%、1万社近い法律事務所、3000社を超す金融機関からパートナーとして信頼されています。CSCの世界の金融市場の専門家は、米国、欧州、アジア太平洋の主要な金融センターで活動しています。当社は世界的企業として、お客さまがどこにいても取引を実行する能力を持ち、サービスを提供するあらゆる事業に専門家を配置することで、その体制を整えています。CSCのサービスの詳細については、cscgfm.comをご覧ください。

TCS-Groepについて

TCSは、オランダで評価の高い大手サービス会社として、オルタナティブ投資の資産運用会社にファンド管理・預託サービスを提供しています。TCSのサービスは、長期的な顧客関係、安定した従業員、クラス最高のシステムを特徴としています。資産運用会社が中核業務に専念できる一方で、TCSは背後で円滑で規制に準拠した業務を保証します。TCSは、オランダ最大のノンバンク預託サービス会社であることに大きな誇りを持っています。預託機関でもあるTCSは、お客さまと積極的にコミュニケーションを取って業務に真の価値を付加するとともに、すべての法的要件を適切に満たせるようにします。TCSは、オランダ中央銀行(DNB)およびオランダ金融市場庁(AFM)から認可を受けています。TCSのサービスの詳細情報については、tcs-groep.nlをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Laura Crozier
Public Relations Manager
(302) 636-5400 x. 65526
CSC® News Room

Contacts

Laura Crozier
Public Relations Manager
(302) 636-5400 x. 65526
CSC® News Room