Apifinyが業界ベテランのScott Eilbeckを戦略的パートナーシップ担当バイスプレジデントに任命

サンフランシスコ--()--(ビジネスワイヤ) -- 流動性API商品「ExOne」を立ち上げたApifinyは、元スタンダードチャータード銀行新興市場セールス担当取締役のScott Eilbeckが戦略的パートナーシップ担当バイスプレジデントとして正式に当社に入手したことを発表いたします。Eilbeckは、米国と世界の戦略的協力関係において当社の事業開発を主導します。

新興市場の国家・企業のデット金融に32年にわたって取り組んできたEilbeckは、機関向けセールス、トレーディング、オペレーションの豊富な経験と金融面の強力なバックグランドでApifinyに貢献します。世界の金融市場と資産流動性開発に深い理解を持つEilbeckは、過去にJPモルガン・チェース、海通証券、ABNアムロ、クラーケン・デジタル資産取引所などで重要な職を務め、デューク大学で学士号を得ています。

Apifinyへの入社の理由と将来の計画についてEilbeckは、Apifinyの世界的な資産流動性を改善するという目標が自分の過去の経験と合致しているところが大きいと語っています。将来的には、EilbeckはAPAC市場の拡大に取り組む戦略的協力チームを主導します。Eilbeckはアジアの複数の主要な取引所がApifinyと協力する意思を示していることに言及し、これがAPAC市場での活動のベースになると語っています。

サンフランシスコに本社を置くApifinyは世界的な企業グループであり、当社の専門的従業員は、NASDAQ、ビザ、NYSE、バンクオブアメリカ・メリルリンチ、モルガン・スタンレー、JPモルガン・チェース、先進的定量プラットフォームのKCGといったトップクラスの金融企業の出身者で構成されています。そのほとんどは、ハーバード大学やイエール大学など、アイビーリーグの卒業生です。元NASDAQ副会長のDavid Weildが、現在Apifinyグループの副会長を務めています。最高技術責任者のAshu Swamiは、かつてモルガン・スタンレーのプログラム・トレーディング担当副社長を務めていました。元メリルリンチ最高技術責任者のAndrew Banhidiは、テクノロジー担当副社長として入社しました。最高コンプライアンス責任者のBob Morrisは、以前はFINRAでアービトレーターを務めました。元タワー・リサーチ・キャピタルのAmit Khandelwal、元NYSEオプション取引所アーキテクトのLeo Wu、元ビザ上席取締役のBen RabbもApifinyに入社しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media:
Anna Ann
anna@apifiny.com
www.apifiny.com

Contacts

Media:
Anna Ann
anna@apifiny.com
www.apifiny.com