新型コロナウイルスの対策―日本人学校で釘釘を使用して効率の勤務

上記の図は東京COSMOキャンペーンの先生たちが釘釘で勤務している図です.(写真:ビジネスワイヤ)

東京--()-- 日本 日本新型肺炎の影響を益々増加に伴い、沢山の企業は措置を取って集まることによる感染の可能性を減らしています。近日、日本の連休前に、東京COSMOキャンペーン(日本語学校)の先生たちは中国のオフィス向けのアプリを使用して学生たちと特別のテレビ会議を行いました。学生たちに連休にも自分を保護することをお呼び、釘釘というアプリで在宅授業を行うことを予定しております。

 情報により、釘釘というアプリはアリババグループにおける無料の企業レベルの知能移動オフィス向けのアプリです。中国の企業及び学校が肺炎の流行期の在宅勤務、授業を行うことに対して大きな役割を果たしました。現在、釘釘は中国において1000万の企業及びグループに使用され、2億のユーザを持っています。肺炎の流行期において、約5000万の中国の学生たちは釘釘によりオンラインで授業を受けています。

 釘釘は「東京COSMOキャンペーン」の応用はおよそ2年を過ぎました。学校のコミュニケーションを取ること、情報の伝達、学生たちの出勤、管理などの課題をいつでもどこでも解決することができます。釘釘の出勤カード、審査、知能人事、知能印刷、テレビ会議、ネット教室などの機能が幅広く応用されています。同時に、学生と先生たちの間のコミュニケーションを上手く取れるために、釘釘は日本に来たばかりの学生たちにAIの翻訳サービスも提供しています。

 去年6月27日の台風3号により、学校は臨時的に休みにしなければなりません。学校は釘釘により単に1分で学校のおよそ300名の学生たちに休みの知らせを通知しました。釘釘は学校の有効管理を大きく向上させました。新型肺炎の流行期において、情勢の変化が複雑です。釘釘は学校の代わりに第一時間で学生たちに最も新しい情報に伝えることができ、効率的且つ便利です。この学校の校長先生は、新型肺炎を防ぐために、必要に応じて釘釘により在宅授業を行うがいつでもでき、300名の学生たちに家でも通常のように授業を受けることができると示しました。

Contacts

今日桜新聞社
宮脇
news@sakuratoday.com

Contacts

今日桜新聞社
宮脇
news@sakuratoday.com