フォンテラ協同組合がITインフラの変革でHCLテクノロジーズを選定

HCLがフォンテラのITインフラサービスを1つの傘下に集約へ

ニュージーランド・オークランド & 印ノイダ--()--(ビジネスワイヤ) -- 世界的大手テクノロジー企業のHCLテクノロジーズ(HCL)は本日、ニュージーランド酪農協同組合フォンテラと新たな大型契約を締結したと発表しました。世界中のフォンテラ従業員が日々使用する技術インフラ全体を最新化して管理することが目的です。インフラIT経費に関連して大幅な節約を達成

HCLテクノロジーズとの複数年に及ぶ本提携では、フォンテラへの技術サプライヤーを整理統合して、同協同組合のITインフラサービスを1つの傘下に集約します。技術競争力のあるHCLの本サービスにより、フォンテラの従業員体験を向上させ、従業員が業務を切り盛りできるようにします。

また本提携ではHCLのニュージーランドにおけるプレゼンスを同国の事業所3カ所に拡大し、ワイカト地方に約60人の新規雇用をもたらします。フォンテラ従業員向けの現地サポートサービスは当社のハミルトン配送センターを拠点とします。

本提携では、HCLがニュージーランドのITエコシステム支援に傾注してきた取り組みを強化するため、現地スキルに投資を行い、地域の企業や当地の専門力を養成するための高等教育グループと提携して、これからこうした役割をこなしていきます。

HCLテクノロジーズのオーストラリア・ニュージーランド担当エグゼクティブバイスプレジデント兼カントリーマネジャーのマイケル・ホートンは、次のように述べています。「当社は10年以上にわたり、SAPを含む同社のITアプリケーションサポート/メンテナンスポートフォリオを管理することで、フォンテラを支援してきました。私たちはフォンテラとの提携を拡大して、その技術インフラ全体を最新化・管理できることをうれしく思います。これにより当社はフォンテラの事業戦略に加え、地域の農業技術部門全体の両方をさらに支援することができるようになります。」

フォンテラのピアーズ・ショア最高情報責任者(CIO)は、次のように述べています。「フォンテラはHCLの世界的な規模と効率性を活用できることをうれしく思います。」

「フォンテラの従業員は業務において日常レベルで使用するツールや技術を改善する余地があるとこれまで指摘しており、HCLとの本提携によって当社はエンドユーザー体験の点で当社従業員にとって大きな改善を達成するとともに、当社の変革活動イニシアチブにとってのデジタルの土台を用意することができるようになります。」

「さらに、本提携により、当社はサイバーセキュリティーフレームワークを改善して、当社の基幹的なIT基盤を強化できるようになります。HCLとの提携を通じて、私たちは当社への外部ITサプライヤーを整理統合し、これを通じて今後5年間にわたり当社の既存ITインフラ経費に関連して大幅な節約を達成できるものと期待しています。」

詳細情報についてはwww.hcltech.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

HCL Technologies
Devneeta Pahuja, India and APAC
Devneeta.p@hcl.com

Fonterra Communications
Phone: +64 21 507 072
Communications@fonterra.com
(24-hour media line)

Contacts

HCL Technologies
Devneeta Pahuja, India and APAC
Devneeta.p@hcl.com

Fonterra Communications
Phone: +64 21 507 072
Communications@fonterra.com
(24-hour media line)