ネル・ハイドロジェンがグリーン水素のオンデマンドウェビナーを提供

ノルウェー・オスロ--()--(ビジネスワイヤ) -- 水電解槽の企業として世界最大で最も経験豊富なネル・ハイドロジェンは、ライブウェビナーを提供するためにケミカル・エンジニアリング・マガジンと提携しました。ライブウェビナー「電気分解水素が水素の可用性と利点に革命をもたらす」では、再生可能エネルギー貯蔵および産業プロセスにおけるグリーン水素の利点と経済性について説明します。このウェビナーは元々、ネル・ハイドロジェンのデビッド・ウルフが11月19日にケミカル・エンジニアリングのライブウェビナープラットフォームで提供したものです。このウェビナーの出来が良いため、ネル・ハイドロジェンは一般市民にお届けすることにします。

興味のある関係者の皆さまは、http://ww2.protononsite.com/BW/CEODWCからオンデマンドウェビナーをご覧いただけます。

ネル・ハイドロジェンのコーポレートマーケティング担当ディレクターを務めるChristopher Van Nameは、次のように述べています。「このライブウェビナーはネルにとって過去最高の登録者数と参加者数を記録し、ケミカル・エンジニアリングが主催したウェビナーとして最も成功したものの1つとなりました。私たちはグリーン水素という話題がこの出版社の経営陣の心に深く響いているのだと考えています。」

電気分解水素が水素の可用性と利点に革命をもたらす

世界の電力供給において急速な革命的変化が起こっているため、水の電気分解による水素生成にとって目を見張るようなチャンスが生まれています。米国における脱炭素化の急速なペースは市場経済に基づいている点で驚くべきもので、一方で先に同様の傾向が欧州とアジアで見られましたが、それは部分的に炭素抑制規制によるものです。再生可能エネルギーおよびその他の炭素排出量ゼロ発電は現在、多くの地域で系統に供給されるエネルギーの大部分を占めており、全電力供給に占める割合が増加しています。再生可能エネルギーは現在、世界の多くの地域で最も低コストの電力源となっています。

水電気分解は歴史的に重要な技術であり、近年では顕著に改善されており、資本コストの低減、電気効率の改善、デザインのさらなるコンパクト化、システムの安全性向上などで改善されています。これらの改善された水電気分解システムは、再生可能エネルギーと炭素排出量ゼロの電力を使用することで、実質的に無制限の量のグリーン水素を生産でき、これは炭素排出量ゼロの方式で水素を生産できることを意味します。

コスト効率に優れ豊富に存在する再生可能エネルギーで経済的に生産されるグリーン水素により、燃料、中間体、ポリマーなど、新たな化学合成の商機が生まれます。水素の貯蔵は依然として課題となっていますが、水素から貯蔵可能な製品を柔軟に生み出す能力により、再生可能エネルギーで生産した水素のさらに効果的な利用が可能となります。

ウェビナーでは電気分解水素に伴う諸課題と商機について紹介します。

ネル・ハイドロジェンとグリーン水素の詳細情報については、登録の上でオンデマンドウェビナー(ww2.protononsite.com/BW/CEODWC)をご覧になるか、www.nelhydrogen.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Jon André Løkke, CEO, +47 907 44 949
Bjørn Simonsen, VP Market Development & Public Relations, +47 971 79 821
www.nelhydrogen.com

 

Contacts

Jon André Løkke, CEO, +47 907 44 949
Bjørn Simonsen, VP Market Development & Public Relations, +47 971 79 821
www.nelhydrogen.com