Behavoxが「レーダー6」の刊行を発表

最新版では内部関係者のリスクを詳細分析:リスクの認識方法と防止策

ブラックストーンのステイシー・シャンペイン氏、ナビガントのアルマ・アンゴッティ氏、規制専門家のティム・ドラン氏とのインタビューを特集

Behavox Announces Publication of “Radar 6” (Photo: Business Wire)

ニューヨーク--()--(ビジネスワイヤ) -- コンプライアンス、CRM、リスクに関するデータ分析ソフトウエアの市場リーダーであるBehavoxは、レーダー6の刊行を発表いたします。これはレーダー誌の第6号であり、企業が直面するさまざまな内部関係者の脅威を調査し、テクノロジーがこのようなリスクをどのように予測、分析、防止できるかを詳細に示しています。

最近の調査では、大企業の内部関係者によって違反が行われた場合、すべての調査の実行、解明、修正が終わるまでに企業に平均500万ドルの費用がかかることが示されています。レーダー誌最新版では、不注意による避けられない情報漏洩から、不正行為を助長する可能性のある企業インフラの欠陥、リスクが特定された場合に企業が警告を明示し、分割し、認定し、上申する方法まで、企業に対するさまざまな内部関係者の脅威を詳しく調査しています。

レーダー6の編集長であるジェニファー・クラークは、次のように述べています。「ほとんどの企業のサイバーリスクの約85%が自社で発生していることから、雇用主および従業員の双方の目を通してこの脆弱性を解明することが重要だと感じています。レーダー6では、業界専門家との数多くのインタビューを特集し、大企業や商業企業がリスクを特定し、分類し、誰がそのリスクに対処しなければならないかを決定する能力を備えていなければならないことを説明しています。」

レーダー6はまた、他の時宜にかなったさまざまな業界トピックも掲載しており、データが価値を高める商品である理由、コンプライアンス予算の背後の技法と科学、完全な人間と機械の共生をもたらすものなどについて分析しています。

レーダー誌は、2018年に創刊された紙雑誌で、Behavoxが出版しています。この雑誌は四半期ごとにクライアント、投資家、関係者に届けられ、運営上のリスクとコンプライアンスを取り巻く問題を解決するための結集した力として、さまざまな規制の問題を考察し、意見を提示しています。記事内容は、Behavox規制行動グループと、金融サービス、専門職サービス、規制領域の幹部から寄せられています。

8月に、Behavoxは最新のウェブサイト(radar.behavox.com)を開設しました。このウェブサイトは、日々の話題の業界ニュース記事とレーダー誌のすべての内容が掲載しており、セクターごと(資産運用、銀行、追加的金融サービス、金融規制、一般ニュース)、そして特集テーマごと(市場の悪用、監督、機械学習)に整理されています。サイトの別のセクションでは、レーダーについてさらに知ることができ、全執筆者や寄稿者のチームの経歴などを読むことができます。

Behavoxについて

電子通信はあらゆる企業の生命線です。Behavoxは、急成長を遂げるピープル・アナリティックス企業として、人工知能を使って通信データを実用的な知見へと変革し、人々の生産性向上を促進しています。Behavoxは、法令順守、行動、社内からの脅威を再考した後、社員すべての生産性を向上させて、人々の結束がもたらす力を解き放つべく、現在はCRM自動化に取り組んでいます。

Behavoxの本社はニューヨーク市にあり、ロンドン、シンガポール、モントリオール、サンフランシスコにもオフィスを構えています。詳細情報については、こちらをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Behavox Media:
Profile on Behalf of Behavox
Charlotte Kiaie
ckiaie@profileadvisors.com
Phone 347-774-4468

Contacts

Behavox Media:
Profile on Behalf of Behavox
Charlotte Kiaie
ckiaie@profileadvisors.com
Phone 347-774-4468