マジック・アイがInvertible Light™イメージセンサー技術をCESでデモ

米コネチカット州スタンフォード--()--(ビジネスワイヤ) -- 量産向け3Dセンシング・アプリケーションに新技術をもたらす革新的な若い企業のマジック・アイ(www.magik-eye.com)は、米ネバダ州ラスベガスで開催される2020年コンシューマー・エレクトロニクス・ショーにおいて、当社最新のInvertible Light™技術(ILT)のデモを行います。ILTは従来のToF方式やパターン照射方式に代わる特許取得の新技術であり、3Dセンサーとして最小、最速で最も電力効率の高い方式です。マジック・アイ設立者で最高経営責任者(CEO)のタケオ・ミヤザワは、「当社の新しい3Dセンサーソリューションのデモを行うことは喜びです。ロボットやスマートフォンへの応用で斬新なユースケースが実現します」と語っています。

2020年CESは、米ネバダ州ラスベガスで1月7~10日に開催され、革新や変革的技術を紹介する世界的な場となります。次世代3Dセンサーに向けたマジック・アイの最新ILTソリューションのデモは、1月7~9日にルクソール・ホテルで行われます。デモの時間は限られており、個別の予約はces2020@magik-eye.comにご連絡いただければ対応いたします。

マジック・アイについて(www.magik-eye.com

2015年設立のマジック・アイには、スマートフォン、ロボティクス、監視などの多種多様な用途に対応する一連の3D深度検知ソリューションがあります。特許で保護されたマジック・アイの技術は、最小・最速で最も電力効率の高い3Dセンサーを実現するInvertible Light™をベースとしています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Feisal Afzal
+1.917.676.7436
feisal@magik-eye.com

Contacts

Feisal Afzal
+1.917.676.7436
feisal@magik-eye.com