GrAI One - エッジでの超低遅延用途で世界初のAIチップ

米カリフォルニア州サンノゼ--()--(ビジネスワイヤ) -- GrAI Matter Labs(別名GML)は本日、GrAI Oneを発表しました。これは、エッジでの超低遅延と低電力演算に最適化された世界初のAIプロセッサです。

GrAI Oneは、当社のNeuronFlow技術に基づいた初のチップであり、アプリケーションの遅延を劇的に短縮します。例えば、PilotNetのようなディープラーニング・ネットワークのエンドツーエンドの遅延をマイクロ秒のオーダーまで短縮できます。NeuronFlowは、ダイナミック・データフロー・パラダイムをニューロモーフィック・コンピューティングと結合することで、大規模並列ネットワーク内演算を実現します。GrAI Oneは、自律ナビゲーション、ヒューマン・マシン・インタラクション、スマート医療の市場におけるレスポンスが重要なエッジ・アプリケーションを対象としています。

この完全デジタル・チップはTSMC 28nm技術で20mm2の大きさに196個のニューロンコアのメッシュを実装し、ローカル・ニューロン/シナプス・メモリーは総数20万ニューロンとなっています。提供されるGPIOインターフェースにより、ホストプロセッサで遅延が大きな問題となるAIワークロードをオフロードできます。ニューロンコアの使用率が100%の場合でも、GrAI Oneの消費電力はわずか35mWです。

GrAI Oneは、GMLのGrAIFlowソフトウェア開発キットでサポートされています。従来型プログラムの実行にも機械学習のコンピューティングにも利用でき、テンソルフロー、Python、C++といった業界標準の言語が使用できます。キットには、コンパイラ、シミュレータ、デバッガ、グラフィカル・エディタ、演算およびネットワークAPIが含まれます。GrAIFlowは現在、早期アクセス顧客に対してアーキテクチャー評価およびアプリケーション・プログラミング向けに提供されています。GrAI Oneのサンプル出荷は、2019年第4四半期に開始される見込みです。

当社最高経営責任者(CEO)のIngolf Heldは、こう語っています。「GrAI Oneは、エッジAIアプリケーションの処理を従来のアーキテクチャーと比べてオーダーレベルで高速化しつつ、電力消費はバッテリー使用デバイスに適したレベルに維持しています。GrAIFlowによって、当社は顧客が新たな超低遅延のユースケースを探ることができる機会を提供し、そうすることでエッジのあらゆるデバイスにイノベーションをもたらします。」

GrAI Matter Labsについて

GMLのミッションは、センサ・アナリティクスや機械学習のための超低遅延、低電力のプログラム可能AIプロセッサをエッジのあらゆるデバイスにもたらすことです。GrAI Matter Labsは、パリ/フランス、アイントホーフェン/オランダ、サンノゼ/シリコンバレーにオフィスを置いています。当社は先見性のある経験豊富なエンジニアのチームが経営し、iBionext、360 Capital Partners、3T Financeを含む先進的投資家の支援を受けています。詳細情報については、www.graimatterlabs.aiをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Europe

Ashoka Visweswara
avisweswara@graimatterlabs.ai

US

Mahesh Makhijani
mmakhijani@graimatterlabs.ai

Contacts

Europe

Ashoka Visweswara
avisweswara@graimatterlabs.ai

US

Mahesh Makhijani
mmakhijani@graimatterlabs.ai