ロジカリスがCEOの交代計画を発表

ロンドン--()--(ビジネスワイヤ) -- 国際的ITソリューションおよびマネージド・サービス・プロバイダーのロジカリスは、2020年3月1日付けで現最高経営責任者(CEO)のマーク・ロジャーズが非業務執行取締役(NED)となり、ロバート・ベイルコスキがロジャーズの後任となると発表しました。現在最高執行責任者(COO)のベイルコスキは、4年前に最高財務責任者(CFO)として当社に入社しました。

ロジャーズは16年前にロジカリスに入社し、過去13年間、COOおよびCEOの要職に就いていました。この間、ロジカリスは著しい成長を遂げ、年間売上高は8億ドルから17億ドル、EBITDAは2700万ドルから9300万ドルに増加しました。

この2つの職において、ロジャーズはM&A取引に幅広く従事し、買収した企業のロジカリス・グループへの統合を統括しました。ロジカリス・グループが事業基盤を有する国は2007年時点の9カ国から現在では26カ国に拡大しています。

ロジャーズの指揮の下、ロジカリスは、すべてのステークホルダーに対するロジカリスの重要性と有益性を推進することにおいてのプロフェッショナリズム、情熱、コミットメントの文化を育成し、同時に会社をICTインテグレーターから脱皮させてデジタル能力サービスを顧客に提供することを中心としたITソリューション・プロバイダーへと転換させました。

ロジャーズの最高経営責任者(CEO)在職中に、ロジカリスでは、年次CIO調査およびグループ全体の従業員エンゲージメント調査の実施、シスコのグローバルゴールド認定の獲得、主要リーダー育成プログラム(リーダーシップ・アカデミー、ハイポテンシャル・アンド・テクニカル・アカデミー)の導入、ロジカリスの「アーキテクツ・オブ・チェンジ」ブランドの立ち上げが行われました。

ロジャーズは、次のように述べています。「これまで皆が力を合わせて達成してきたことを大変誇りに思うと同時に、引き続きロジカリスはお客さまのデジタル変革を考案して実現していく上で高い優位性を持っていると確信しています。」

ロジカリスについて

ロジカリスは、お客さまがデジタル技術と革新的なサービスを活用して強力な事業上の成果を上げるためのデジタル能力サービスを提供する国際的なマルチスキル・ソリューション・プロバイダーです。

当社の顧客は幅広い業種と地域に及んでいます。私たちは、金融サービス、TMT(通信・メディア・テクノロジー)、教育、医療、小売、政府、製造業、プロフェッショナル・サービスなど、顧客の垂直市場のダイナミクスに関与することを重視しており、6500名の従業員のスキルを活かして、データセンターとクラウドサービス、セキュリティーとネットワーク・インフラストラクチャー、ワークスペースの通信とコラボレーション、データと情報戦略、IT運用の近代化など、主要なデジタルの柱を近代化することに注力しています。

私たちは、シスコ、HPE、IBM、CAテクノロジーズ、ネットアップ、マイクロソフト、オラクル、VMウェア、サービスナウなどの世界有数のテクノロジー企業の顧客を支援しています。

ロジカリス・グループは欧州、北米、中南米、アジア太平洋、アフリカで事業を展開しており、年間売上高は17億ドルに達します。ロジカリス・グループは、43億ドルを超える売上高を誇るヨハネスブルク証券取引所上場のデータテック・リミテッドの一部門です。

詳細情報については、https://www.logicalis.com/をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

CONTACT:
Champion Communications Ltd
+44 (0)207 030 3818
Logicalis@championcomms.com

Contacts

CONTACT:
Champion Communications Ltd
+44 (0)207 030 3818
Logicalis@championcomms.com