プーチンの訪問により、UAEは新世界秩序の中でスポットライトを得る

アラブ首長国連邦ドバイ--()--(ビジネスワイヤ) -- Watermelon Communications -- Patrick Michael(中東評論家)は、このように論評しました:エネルギー、戦略、安全保障という3つのパラメーターが冷戦後の時代のロシア・中東関係を規定し、形成してきました。ミクロ経済レベルでは、これはUAEとロシアのつながりにも当てはまります。

エネルギーが相互依存を作り上げてパートナーシップが唯一俎上に上る現実的選択肢となる一方、安全保障と戦略は常に複雑に絡み合った状態が続いています。

プーチンが湾岸地域への重要な訪問に再度乗り出している今(特にUAEとサウジアラビア)、この3つのパラメーターを再考する時が来ています。その良い出発点は、エネルギー供給に関する見方と戦略の転換です。

減産に関する幅広い合意は、世界経済の減速によって原油価格が圧力を受けていることを考慮すれば不可欠です。大規模産出国が協力することは、業界と経済にとって何にも増して大きな成果をもたらします。また、ロシアは、「UAEがOPECに基づいた原油面の世界的協力に大きく貢献していることを深く評価しています。」

プーチンのUAE訪問は、世界のこの地域にロシアが関与を強めている結果として出現している新世界秩序の中でUAEが果たしてきた大きな役割に対するもう1つの証拠です。

UAEとロシアの間の貿易高は2018年に34億米ドルに達し、両国が多様なレベルで関係を持つことが重要になりました。

ADNOCの高官は最近ロシアの高官と対話を持ち、炭化水素資源やLNGの生産における戦略的パートナーシップの一層の拡大を目指してロシアとの共同投資機会について話し合いました。ムバダラもロシアへの投資を増やすことを重視しています。

ロシアとUAEは、この地域での緊張を緩和することに関しても意見が一致しており、その第一歩はイエメンです。両国は、イランがエネルギー供給を乱すことや無秩序を作り出すことを防ぐことでも合意しました。

しかし、最も重要性を持つものは安全保障の問題です。最近数カ月の原油施設への攻撃を両国は懸念しています。何人も供給のかく乱を許容できるものではなく、テロリストやその支援国家が主導権を握る安全保障環境は、なおさら許容できません。

プーチンの訪問が迫る中で、UAEは議題を設定して新たに出現している世界秩序の中で中心的立場を得る上で重要な役割を果たす立場にあります。

*配信元:AETOSWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Watermelon Communications
Rasheed Palliyalil, +97142833655
rasheed@watermelonme.com

Contacts

Watermelon Communications
Rasheed Palliyalil, +97142833655
rasheed@watermelonme.com