マレー・エナジー、貸し手と返済一時猶予契約を締結

米オハイオ州セントクレアズビル--()--(ビジネスワイヤ) -- マレー・エナジー・コーポレーションは本日、超優先信用保証契約に基づく貸付残高の50%以上を保有する貸し手と、ABLおよびFILO信用枠に基づく貸付残高の50%以上を保有する貸し手の間で、返済一時猶予契約を締結したと発表しました。マレー・エナジーはまた、超優先信用保証契約の規定により2019年9月30日に期限を迎える返済および利息支払いを行わないことに決定したと発表しました。

返済一時猶予契約の条件の下で、貸し手は、2019年9月30日に期限を迎える返済と利息支払いを行わないことで債務不履行が生じた場合に行使できるあらゆる救済措置を行使しないことに同意しました。延長されない限り、猶予期間は2019年10月14日午後11時59分(ニューヨーク時間)までとし、猶予期間が終了するか、または規定の猶予期間終了事象が発生した場合のいずれか早い時点で終了します。

この猶予契約により、マレー・エナジーは、当社の事業を強化し、流動性水準を向上させ、バランスシートの借入金比率を下げ、当社の長期事業計画を支え、従業員、顧客、供給業者、その他の主要な利害関係者の利益のために長期的な価値を創出するより持続可能な資本構造を達成するためのさまざまな戦略的選択肢について、貸し手と話し合いを継続できると考えています。

詳細についてのお問い合わせは、media@coalsource.com宛てにお願いいたします。

セーフハーバーに関する記述

本リリースには、将来予想に関する記述が含まれています。さまざまな要因により、実際の結果が本リリースで示されたものと大きく異なるものになる可能性があります。これらの要因には、(i) 石炭と電力の市場需要、(ii) 地質条件、天候、および当社の管理の及ばない石炭採掘のその他のリスク、(iii) 当社に対して提起された請求および訴訟、(iv) 一定の賠償責任に対する当社の保険のカバー、(v) 既存の長期石炭供給契約の延長あるいは今後の新規契約締結を行う当社の能力、(vi) 業界内および競合エネルギー源生産者との競争の激化、(vii) 当社の石炭埋蔵量推定の精度および当社の確定・推定石炭埋蔵量の価値の変化、(viii) 採鉱その他の工業用品の入手可能性と価格設定、(ix) 労働契約の交渉、従業員関係、労働力の可用性、(x) 輸送の可用性、実績、費用、(xi) 主要顧客の損失、(xii) 受諾可能な条件で義務履行保証書を取得または更新する当社の能力、(xiii) 組合組織のない鉱山でのストライキまたはその他の休業の可能性、(xiv) 退職した従業員および年金受給者の給付に関する義務、(xv) 主要な役員を保持し、能力のある従業員を引き付けて保持する当社の能力、(xvi) 将来の法律および規制、政府政策、税金の変更による影響(認可、鉱山の安全と健康に影響を及ぼすものを含む)や、採掘事業者の土地の権利、温室効果ガス排出削減を目指す者による影響、(xvii) 当社の多額の負債および債務整理により課せられた制限を順守し、貸し手および債券保有者と取り決めを交渉する当社の能力、(xviii) 貸し手および/または債券保有者が債務不履行(2019年9月30日に期限を迎える返済および利息支払いを行わないために発生する債務不履行を含む)の後で当社の債務処理を急がせるリスクなどがあります。

原文はbusinesswire.comでご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20191002005852/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Jason D. Witt
(740) 338-3100 (phone)
media@coalsource.com

Contacts

Jason D. Witt
(740) 338-3100 (phone)
media@coalsource.com