ビジネス・テクノロジー・リーダーのゾーホーがオーストラリアに進出し、ローカル・クラウドを開始

シドニーとメルボルンの2カ所にデータセンターをオープン

当社の4番目に大きい市場でユーザー・エクスペリエンスとパフォーマンスの改善に取り組む

シドニー--()--(ビジネスワイヤ) -- 本日、あらゆる規模の企業のためのビジネス・アプリケーションで世界をリードするゾーホー・コーポレーションは、世界的な相互接続およびデータセンター企業のエクイニクスと共同でシドニーとメルボルンの2カ所にデータセンターを開設しました。

この新しいオーストラリアのクラウドのZoholicsは、現地のユーザー・カンファレンスで発表され、地域の顧客や企業の間で拡大しているニーズに応えます。オーストラリアは、ゾーホーにとって7番目の地域クラウドであり、その他のクラウドは北米、欧州、アジアの各地に置かれています。

ゾーホーのユーザーは最近、180カ国で4500万人を超え、前年比で39%の成長率を達成しました。このオーストラリアでの拡大は、地域の顧客にとって、ゾーホーのクラウド事業商品のすべてに関して遅延の改善とアクセスの拡大が実現することを意味します。ゾーホーの事業は、マーケティング、営業、顧客サポートから、金融、人事、操業まで、幅広いカテゴリーに対応しています。

シドニーとメルボルンの新たな施設は、データ主権を求める地域の状況に直接対応し、オーストラリアの顧客がGDPRに準拠できるようにします。この拡大は、各主要市場で顧客データを現地に置いて保管するという当社の競争上の戦略の結果であり、当社の地域市場として4番目の規模を持つオーストラリアとニュージーランドの大企業や公的部門の顧客のニーズに特に適しています。

ゾーホーの最高戦略責任者のVijay Sundaramは、このように語っています。「新しいデータセンターはゾーホーのグローバル・エコシステムをさらに拡大し、顧客の個別の需要を満たす当社の決意を示すものでもあります。あらゆる支援的インフラをエクイニクスと共にオーストラリア現地に構築することで、高性能でスケーラブルなクラウド・インフラを現地で提供することができ、現地市場のニーズを満たすことが可能です。」

「ゾーホーの自社のクラウド・インフラを構築して大規模なパブリック・クラウドからの独立性を維持するという決定は、当社の強力な競争上の立場を支えます。これにより当社は統制を維持することができるほか、大幅に高いオペレーション効率を達成でき、これは低価格という形で顧客に還元することができます。ゾーホーが現地市場に数千万ドルを投資することは、この地域で新規および既存顧客が増加していることを反映しており、これが今後何年も続くという当社の明るい見通しを示しています。」

エクイニクス・オーストラリアのオペレーション担当上席取締役のGlenn Uidam氏は、このように述べています。「私たちは、シドニーとメルボルンのIBXデータセンターの展開によってオーストラリアに進出するゾーホーへの支援を継続することに期待を感じています。ゾーホーの質の高いアプリケーション群は、エッジでのデジタル化を活用して事業を拡大する機会をオーストラリアの顧客に提供します。これは、エクイニクスの充実したエコシステムの中で実現し、アプリケーションの性能とエンドユーザーのエクスペリエンスが強化されます。」

現在、ゾーホーは世界で7000人を超える従業員を雇用し、5つの大陸の12カ所にオフィスを置いています。ゾーホーの従業員の間では、30以上の言語が話されています。ゾーホーは、オーストラリアの何万社もの中小企業に利用され、クラウドで基幹的ビジネス・プロセスが実行されています。

ゾーホーについて

Zohoは企業のためのオペレーティングシステムであり、単一のオンラインプラットフォームとして、業務全体を切り盛りできます。ゾーホーは、営業、マーケティング、顧客サポート、会計、バックオフィス業務、そして多数の生産性ツールと協業ツールなど、ほぼすべての主要な業務カテゴリーで45種以上のアプリを提供しており、世界で最も豊富にソフトウェアを提供している企業の1社です。

ゾーホーは、ユーザーのプライバシーを尊重しているため、当社の無料製品を含め、事業のいかなる部分においても、広告収入モデルを採用していません。ゾーホーを含め、世界の何十万もの企業の4500万人を超えるユーザーが、日々の業務を行う上でZohoを頼りにしています。ゾーホー・コーポレーションは収益性の高い非公開企業で、7000人以上の社員を抱えています。本社を米テキサス州オースティンに置き、インドのチェンナイに国際本社があります。ほかにもカリフォルニア州プレザントン(米国)、レニグンタ(インド)、テンカシ(インド)、横浜(日本)、北京(中国)、シンガポール、ケレタロ(メキシコ)、バイロンベイ(オーストラリア)、ユトレヒト(オランダ)、ドバイ(アラブ首長国連邦)に事業所があります。詳しい情報については、www.zoho.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Alex Beashel
+61 466 308 667
ab@alexbeashel.com

Contacts

Alex Beashel
+61 466 308 667
ab@alexbeashel.com