Xandrが「Xandr Monetize」を発表

プレミアムなTV及びデジタルメディア企業向けのXandrの新しい戦略的販売プラットフォーム

コンテンツオーナーがXandrのキュレーテッド・プレミアム広告マーケットプレイス「Community」を介してインベントリを販売することを可能にする

ニューヨーク--()--(ビジネスワイヤ)--AT&Tの先進的広告及びアナリティクス企業であるXandrは、本日「AppNexus」技術という強固な土台の上に新しく想像された、戦略的販売プラットフォーム「Xandr Monetize」を発表しました。「Xandr Monetize」は、メディア企業が自社のプレミアムコンテンツの価値を最大限に発揮し、消費者の広告体験を向上することを可能にします。

コンテンツ消費と視聴者のアテンションがますます断片化していくなか、「Xandr Monetize」はパブリッシャーやメディアオーナーに消費者ジャーニーと顧客関係の舵取りをするための完全なコントロールを与えます。そして、より優れたインベントリ管理の機能性、データドリブンなイールド最適化、より細分化されたバイヤーからの需要情報などを通して、コンテンツオーナーのマネタイゼーションを改善します。「Xandr Monetize」は、これらの強力なツールでパブリッシャーのインベントリのパッケージ化、販売、測定を、全てのスクリーンやデバイスを通して拡張させるのです。

Xandr製品部門のシニア・バイス・プレジデント(SVP)ライアン・クリステンセンは次のように話しています。「Xandrはメディア企業の課題に敏感に反応し、それら企業の成長を支援するためにイノベーションを追求し続ける、信頼できるパートナーです。AT&Tの規模、スケール、そして資源を得た今、産業が必要としている大きなスケールでの合理化された販売プラットフォームを提供でき得るユニークな立ち位置にいます。「Xandr Monetize」のローンチで、Xandrはメディア企業が広告主や消費者に対して提供できるものを拡張し、より豊かなものにするためのコラボレーションをしていく準備が整いました。」

共にマネタイズを

「Xandr Monetize」は、AppNexusのセラー向け製品が元々提供していたアドサーバー、サプライサイドプラットフォーム(SSP)、イールド解析などの機能を全て網羅した上で、さらに強力なTV向け性能のインフラも統合します。つまり、全てのインベントリや取引のタイプ、そして全てのデマンドチャネルをまとめ、単純化するプラットフォームなのです。同プラットフォームを利用することによって、パブリッシャーやメディアオーナーは、より多くのコンテンツを作成し、広告フォーマットを革新させることによって、関心を持った消費者を惹きつけることができます。

Singapore Media Exchange(SMX)のハリ・シャンカル最高経営責任者(CEO)は、次のようにコメントしています。「Xandrは、戦略的コンサル、共同的なソートリーダーシップ、そしてマネタイゼーション分析を通してSMXやその構成メンバーと密接に協力し、インベントリの価値のより良く理解できるよう手助けをしてくれました。連携を重視したXandrの素晴らしい顧客サポートは、プレミアム環境において独自の価値提案を確立し、強化することを可能にしました。「Xandr Monetize」に関しても、動画やリッチメディアなど、ブランドに真の価値を提供する革新的なフォーマットへの弊社の展開を最適化するものとして注目しています。」

Axel SpringerとFunke Mediegruppeの共同マーケティング組織であるMedia Impactのカールステン・シュヴェッケ会長は、次のようにコメントしています。「現在の市場においてプレミアムパブリッシャーにとっての現実は、主要プラットフォームが自己本位に動いているということです。にもかかわらず、Xandrが目指すことは、オープンインターネットでパブリッシャーが求めることと常に同じ方向を向いてきました。広告主が求めるバイイングを提供することを目的に、事業を差別化し革新させるために弊社と協力することで、Xandrはクローズドな環境の外で成功することを可能にしてくれました。プレミアム取引や包括的デマンドチャネル管理を通して、「Xandr Monetize」は、収益を世界レベルで戦略的に最適化する態勢を整えてくれます。」

「Xandr Monetize」は、Xandrが提供する戦略的メディアバイイング・セリングのソリューションを完成させるものです。戦略的バイイングプラットフォームの「Xandr Invest」と「Xandr Monetize」の組み合わせは、AT&Tからのスケールされたバイイングと特有のデマンドを促進させ、バイヤーと直販セラー双方によるワーキングメディア(直接ユーザーが閲覧するメディア)に対する取引額を最大化します。さらに「Xandr Monetize」は、メディア企業がXandrのキュレーテッド・プレミアム広告マーケットプレイス「Community」を通してインベントリを販売することを可能にし、マルチプラットフォーム向けプレミアムインベントリのイールドを向上させます。「Community」におけるバイイングへのアクセスは、「Xandr Invest」を通してのみ可能となっています。

未来に向けてマネタイズ

マネタイゼーションの未来に向けて準備を進めていくなか、Xandrはデジタル動画のバイヤーやセラーが今日直面している課題にもすでに取り組んでいます。「Programmatic OTT with Prebid」は、ブランドセーフティや頻度上限の設定など、TV基準と同等のコントロールを提供すると同時に、インベントリに対する全てのプログラマティック需要の同時競争を支援します。リアルタイムの入札や取引を通して利用可能です。

WarnerMedia Ad Salesのエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント(EVP)及び収益運用&広告製品部門ヘッドのアミット・チャトゥルベディ氏は、次のようにコメントしています。「弊社の販売ニーズを念頭に置いて開発された「Programmatic OTT with Prebid」は、クライアントのキャンペーンでインベントリをより良く管理し、プレミアムコンテンツに関してより高いイールドを実現することを可能にしてくれます。すでにテスト運用は行っておりますが、WarnerMediaのデジタル広告のポートフォリオ全体で実際に運用することを大変楽しみにしております。」

「Xandr Monetize」は、XandrのSSP及びアドサーバー顧客の双方に向けた、シンプル化されたサーバーサイドのヘッダー入札ソリューション「Prebid Server Premium」も同時に導入します。サーバーサイドのヘッダー入札は、ヘッダー入札需要の新たなチャネルを開くため、「Prebid Server Premium」は、全フォーマットに関するインサイトのレポーティングや全SSPの一括精算など、設定を単純化し運用効率性を高めます。

「Xandr Monetize」は、メディア企業が直販とプログラマティックのキャンペーンが重複していくなかで、メディア企業がインベントリの価値を最大化し、利益を実現するための包括的なインベントリ及びデマンドチャネル管理を提供します。確実な取引性能に加え、さらにマネタイズに関するインベントリのコントロールを妥協せずにプログラマティックバイヤーによる配信の予約を合意し実行することを可能にする、保証型プログラマティック取引も提供します。

「Xandr Monetize」の基礎を成すのは、業界最高レベルの予測解析とデータドリブンのイールド最適化です。以前は「Yieldex」として提供していたイールド解析は、圧倒的に正確な予測インサイトの開発の長い歴史に基づいています。この性能があるからこそ、現在そして未来のTVソリューションやアドサーバーなど「Xandr Monetize」の製品スイート全体にわたる直販やプログラマティック販売に関する計画、ペーシング、そして決定が可能となるのです。

Microsoftのグローバルパートナーサービス部門ゼネラルマネージャー(GM)のカイア・セインスブリー=カーター氏は、次のようにコメントしています。「Microsoftは、MSN、Outlook、Xbox、そしてWindows App Developersなどに必要な巨大なグローバルスケールで活動できるプログラマティック広告のパートナーとしてXandrを頼りにしています。過去10年間協力してきたなかで、Xandrは思慮深く柔軟なパートナーとして、特有のプラットフォームニーズを持ちながら急速に変化していく市場のなかで成功する手助けをしてくれました。「Xandr Monetize」のイノベーションは、弊社のプログラマティック収益を増大させただけなく、同時にアドスタックを単純化することも可能にしてくれました。Xandrとの戦略的コラボレーションを続け、広告の未来を共に開いていくことを楽しみにしております。」

Xandrについて

XandrはAT&Tの広告企業であり、アドレサブルTV広告のリーダーとして広告主やメディア企業向けにより良い製品を開発しています。10年以上イノベーションを重ねてきた「AppNexus」を土台とした、Xandrの戦略的プラットフォームである「Xandr Invest」と「Xandr Monetize」は、バイヤーとセラーの双方が全てのスクリーンを通して広告投資を最適化することを可能にします。Xandrが運用する「Community」は、プレミアム・パブリッシャーのキュレーテッド・マーケットプレイスとして、ブランドセーフな環境で独自の消費者インサイトへのアクセスを提供します。AT&Tは、143年間以上にわたり、消費者体験に影響を与え向上するためにデータとテクノロジーを用いてきました。

Contacts

Xandrプレス向け連絡先
キャロライン・スミス(Caroline Smith)
914.446.3006
caroline.smith@xandr.com

Contacts

Xandrプレス向け連絡先
キャロライン・スミス(Caroline Smith)
914.446.3006
caroline.smith@xandr.com