PMIの調査で、プロジェクトマネジャーの評価による最高の生産性向上AI技術が明らかに

フィラデルフィア--()--(ビジネスワイヤ) -- プロジェクトマネジメント協会(PMI)は本日、2019年パルス・オブ・ザ・プロフェッション詳細レポート「AI@ワーク:新しいプロジェクト、新しい考え方」をリリースしました。「AIイノベーター:プロジェクトパフォーマンスのコードを解読する」の姉妹編である本レポートは、人工知能(AI)によってプロジェクトをグローバルに運用・実行する方法がどのように変化しているかを探っています。

AIプロジェクトが標準になっているため、プロジェクトマネジャーは、AIベースのプロジェクトの作業を合理化して改善するために役立つ技術をより深く理解する必要があります。さもなければ時代に遅れるリスクを冒すことになります。新しいレポートは、プロジェクトマネジメントの生産性を高めるためにプロジェクトリーダーが現在活用している人気のAI技術と、AI技術をプロジェクト全体の作業に取り入れる方法を主に取り上げています。

プロジェクトリーダーがプロジェクトの生産性と品質を高めるためにAI技術を活用している一方で、AIの可能性を最大限に引き出すには、新たに生まれてくる技術に関する知識を積み重ねて常に更新していくことが必要です。実際、本レポートは、組織とプロジェクトリーダーがAI戦略を実現するには高いプロジェクトマネジメント技術指数(PMTQ)が必要になることを明らかにしています。PMTQは、組織やプロジェクトの目前のニーズに基づいて技術を運用し統合する組織の能力を評価する方法です。

PMIのグローバルソリューション担当副社長であるMichael DePriscoは、次のように述べています。「プロジェクトベースの経済活動が増えている現在、最も先進的な組織は、戦略の成功がプロジェクトをどれほどうまく実行できるかにかかっていることを理解しています。そして、AIの熟達を目指す競争も例外ではありません。私たちがAI技術が組織に統合され続けるのを目にしているとおりに、この調査は、プロジェクトマネジャー(特にPMTQが高いプロジェクトマネジャー)が実装に不可欠な役割を果たす準備ができていることを示しています。」

調査回答者のうち、高いPMTQを報告した回答者は50%(革新者)、PMTQの原則を時折しか実践していないか、まったく実践していないと報告した回答者は10%(遅滞者)でした。

両グループの多くは、プロジェクトマネジメントのスキルと経験がAIを運用するための優れた基盤になると述べています。しかしながら、革新者の74%が、AIを伴う作業は現在のスキルセットで可能であると確信していると答えている点で、革新者が優勢に立っています。

さらに、知識ベースのシステム、意思決定管理、音声認識、エキスパートシステムなどのいくつかのAI技術に関して、革新者は認識と経験の深さにも言及しています。これらの回答者は、AI技術を使用した場合の方が、進捗状況の監視、文書記録管理、活動およびリソース計画などの活動に費やす時間が短縮されるなど、より優れた成果が得られると報告しています。

生産性を向上させると回答者が答えた技術の上位は次のとおりです。

  • ロボットによるプロセス自動化:人間の作業を模倣および自動化して、企業プロセスを支援する技術。
  • 機械学習:パターン検出を使用して、その後の状況における意思決定を改善するという方法で、コンピューターが学習できるようにする技術。
  • 強化学習:自らのアクションからのフィードバックを使用して試行錯誤することにより、ソフトウエアが対話型環境で学習できるようにする機械学習の手法。

品質を向上させることを確認したと回答者が答えた技術の上位は次のとおりです。

  • アンチバイアス・ソリューション:さまざまなAIアルゴリズムのバイアスを自動的に特定する技術。
  • エキスパートシステム:人間の知能、スキル、行動をエミュレートおよび模倣する技術。通常は、特定の分野、トピック、スキルの専門知識を提供する。
  • 知識ベースのシステム:処理中のデータのコンテキストを理解して、問題解決の手順を支援し、人間の学習、意思決定、行動をサポートする技術。

AIが価値提供に違いをもたらすことは明らかですが、特定の目標の達成と長期的な成功の実現に最も役立つ技術を特定して理解できるか否かは、組織とプロジェクトリーダー次第です。

詳細については、2019パルス・オブ・ザ・プロフェッション詳細レポート「AIイノベーター:AI@ワーク:新しいプロジェクト、新しい考え方」をお読みください。パルス・オブ・ザ・プロフェッション詳細リサーチは、世界中のプロジェクトマネジメント実務家780人を対象に、2019年6月および7月にオンラインで実施されました。

プロジェクトマネジメント協会(PMI)について

プロジェクトマネジメント協会(PMI)は、プロジェクト/プログラム/ポートフォリオ管理を専門職とする人々のための世界有数の協会です。1969年に設立されたPMIは、世界のほぼすべての国の300万人以上の専門職に、世界的な提唱、協力、教育、調査を通して、価値を提供しています。私たちは世界的に認められた基準、資格認定、コミュニティー、リソース、ツール、学術研究、刊行物、専門職開発コース、ネットワーキングの機会を通して、キャリアを強化し、組織的成功を向上させ、プロジェクト管理の専門職をさらに成熟させています。PMIファミリー傘下のProjectManagement.comは、より多くのリソース、優れたツール、大きなネットワーク、幅広い視点を提供するオンラインの世界的コミュニティーを形成しています。www.PMI.orgwww.projectmanagement.comwww.facebook.com/PMInstitute、ツイッター(@PMInstitute)をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Mary Ortega
Tel: 610-356-4600 x7030
Mary.Ortega@pmi.org

Contacts

Mary Ortega
Tel: 610-356-4600 x7030
Mary.Ortega@pmi.org