サジェムコムが8月中旬にオレンジ・ポーランドのIWU 200セットトップボックスを市場投入

仏リュエイユ--()--(ビジネスワイヤ) -- サジェムコムはORANGE IWU 200の投入を発表します。IWU 200はコンパクトでありながらパワフルな新4K UHDセットトップボックスで、最新のブロードコム製4K SOCの1つであるBCM72604を基盤に、非常に高品質の画質とサウンドを提供し、低消費電力製品の設計を可能にします。

この新たな超高精細セットトップボックスはSoftAtHome製ミドルウエアを活用し、高コントラストの細密画像を鮮明な色彩で実現し、Viaccess-Orca製コンテンツ保護ソリューションを搭載しています。

本プラットフォームはBroadpeakが開発したマルチレコーダーサービス(Cloud PVRの一部として、インターネット接続に過負荷を与えることなく、しかも同時に、無制限のマルチレコーディングが可能)と7日間再生サービスに加え、標準的な見逃しコンテンツ視聴機能やスタートオーバー機能も提供します。

オレンジ・ポーランドのB2Cマーケティング・デジタル担当ディレクターのArtur Stankiewicz氏は、次のように述べています。「私たちは新たなSTBとCloud PVRを投入できて非常に感激しています。そうすることで、私たちは総合的なTV関連事業者であることを証明し、映像視聴に関係したクラス最高のビデオ機能をお客さまにお届けできます。」

サジェムコムの音声・映像ソリューション事業部門を担当するオリビエ・タラヴェル最高経営責任者(CEO)代理は、次のように述べています。「この新たなセットトップボックスは4Kコンテンツ処理の最新の革新成果を取り込んでおり、エンドユーザーがUHDへの完全移行を実現するための完璧な低消費電力製品です。こうした製品の市場投入に参加できることは、サジェムコムにとって本当に満足できることです。」

サジェムコムについて
国際性を持ったフランスのハイテクグループのサジェムコムは、ブロードバンド(セットトップボックス、マルチギガビットゲートウェイ)、スマートシティ、モノのインターネット(LoRaアライアンスの設立会員)の各市場で事業を行っています。
21億ユーロの売上高を上げるサジェムコムは、5大陸で5500人の従業員を雇用しています。サジェムコムの目標は、高付加価値の通信端末における世界的リーダー企業の地位を維持することです。
www.sagemcom.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media
Sylvaine COULEUR
presse@sagemcom.com

Contacts

Media
Sylvaine COULEUR
presse@sagemcom.com