アンダーセン・グローバルがアフリカで15番目となる国に進出

サンフランシスコ--()--(ビジネスワイヤ) -- アンダーセン・グローバルは本日、モーリシャスの大手税務・コンサルティング事務所のATaxアドバイザーズ・リミテッドと協力契約を締結したと発表しました。アンダーセン・グローバルが拠点を持つアフリカの国はこれで15カ国になり、1つの節目に達しました。

東アフリカの島国のモーリシャスで活動するATaxは、過去15年間にわたって会計、税務、給与、アウトソーシング、企業コンサルティング・サービスを幅広くクライアントに提供してきました。モーリシャスはアフリカだけでなくインドやアジアへの玄関口として知られており、ATaxは、アフリカおよびアジアのクライアントに対応できる専門的知見を活かして海外クライアントの世界各地でのニーズに応えています。

ATaxの創設者の一人であるベン・リムとそのチームは、製造業、繊維・アパレル、不動産建設・改装、医療・医薬品、自動車・同補修部品、農業・牧畜、消費財の卸売・小売、ホテル・観光、教育、BPO、通関仲介・貨物輸送、宝石、ギャンブル、レストラン、小売、イベント管理を含め、多岐にわたる業界に関する豊富な経験を有しています。また、このモーリシャスのチームは、越境税務計画に関して幅広い経験を培ってきました。さらに、ATaxはモーリシャス公認会計士協会の会員です。

リムは、次のように述べています。「私たちは、最高水準のサービスの提供とクライアントに家族のように対応することを重視した会社を創ることに多くの時間と労力を注いできました。こうしたシンプルな価値観と努力が実り、私たちは力量と評価を高めることができました。当事務所にとって次のステップとして、同様の志を持つ世界中の同僚と連携していくことを大変うれしく思います。」

アンダーセン・グローバル会長でアンダーセン・タックス最高経営責任者(CEO)のマーク・フォアザッツは、次のように述べています。「ATaxの専門家はモーリシャスでトップクラスのチームであり、今回の協力により多くの機会がもたらされます。リムはアンダーセン・ファミリーの出身であり、そのため、透明性、シームレスなサービス、受託責任といった価値観が深く根付いています。アフリカ地域での当組織の勢いは一段と拡大しており、このアフリカの重要市場での拠点確立に多くの期待を寄せています。」

アンダーセン・グローバルは、世界各地の税務および法務の専門家による法的に個別の独立した提携事務所の国際的連合体です。米国の提携事務所のアンダーセン・タックスにより2013年に設立されたアンダーセン・グローバルは現在、提携事務所と協力事務所を通して世界の148カ所以上の拠点に4500人を超える専門家を擁しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Megan Tsuei
Andersen Tax
415-764-2700

Contacts

Megan Tsuei
Andersen Tax
415-764-2700