青島で9月4日に2019年東アジア海洋博覧会を開催

中国・青島--()--(ビジネスワイヤ) --2019年東アジア海洋博覧会が2019年9月4~8日に中国東部の山東省青島市の中国鉄路・青島国際博覧中心で開催されます。東アジア海洋協力プラットフォームの青島フォーラムを構成する重要部分である本イベントには、60以上の国と地域から出展者600組織以上が参集し、海洋分野での新たな成果・技術・機器を展示します。

東アジア海洋協力プラットフォームの青島フォーラムは、中華人民共和国自然資源部と山東省政府が主催し、青島市政府が運営するものです。双方向の開放的な協力のための革新的基盤として、中国の一帯一路構想における重要プロジェクトとなっており、ASEAN、中国、日本、韓国(10+3として知られる)を対象としています。

2019年東アジア海洋博覧会は「開放性と接続性の改善に向けて:ブルー、オーシャン、技術」のテーマの下、4万平方メートルの展示エリアにて、海洋機器、スマートマニュファクチャリング、国際海洋技術、青島の海洋技術、港湾・海運、金融取引、国内外の商品の7分野で展示します。展示品は、海洋工学機器、海洋技術、海洋新エネルギー、海洋新素材、マリンバイオテクノロジー、海水淡水化、港湾・海運、金融取引の分野に及びます。国内外の大手企業、例えばCSIC、中国電子科技集団、中国交通建設、シーメンス、メルセデス・ベンツ、BMW、ファーウェイ、JD、廈門黎明機械、青島港、科瑞、正大制薬集団、BGIなどが参集して、有力な海洋機器・技術を展示します。

東アジア海洋博覧会の狙いは、東アジア諸国による海洋分野での協力を促し、参加国が今後の海洋分野での開発成果を共有するための東アジア海洋エコシステムの構築を促進することにあります。

Contacts

連絡先:
Molly Xu
xhy@zhenweiexpo.com
+86-13911699059

Contacts

連絡先:
Molly Xu
xhy@zhenweiexpo.com
+86-13911699059