次の金融危機をエドテック・イノベーターのTeachMeCashで克服

香港--()--(ビジネスワイヤ) -- ハーバード大学のエキスパートは、今年に入って次の世界的危機の前提となる条件がすべて揃っていると発言しています。IMFの幹部代表も、金融が不安定化するリスクが今世界的に高まっていることを認めています。この経済崩壊の可能性は、あらゆる業界に影響します。思い出せば、2008年が世界経済の危機の始まりとなったわけであり、これは2015年になっても完全には克服されませんでした。米国がこれほどの損失を被ったことは、ほかに1930年代の大恐慌しかありません。2008年10月には、中国だけでも危機回避策の実行のために4兆人民元(5850億ドル)が投入されました。

革新的企業のTeachMeCashは、最も将来性のある業界であるエドテックを強化しています。この市場の売上高は現在3170億ドルに上り、2024年までに1兆ドルにまで拡大します。

eラーニングは、従来型の学習と同じくらいの効果を上げるようになっています。TeachMeCashは、世界の人々の金融リテラシーの改善を目指す分析プラットフォームであり、リスクなしで資産を増やして安定化させる力を人々に与えています。

最近行われた多数の発表によれば、オンライン教育が従来型の教育と比べて劣っていないことを大半の学識者が認めています。2016年にはオンライン教育を受ける学生の割合は31%でしたが、この割合は2024年には50%に達します。

つまり、未来はすぐそこまで来ています。そして、その多くはエドテックになります。

TeachMeCashの商品は、分析サービスの年間利用契約です。契約者はダイジェストを受領し、エドテック業界のエキスパートになり、そして、TeachMeCashの調査に回答することで当社に意見を伝えて報酬を得ることができます。当社のアナリストが回答を分類してデータをパートナーであるオンライン教育プログラム開発企業に販売し、さらなるマネタイズやパートナー商品の実現に活用されます。

TeachMeCashのもう1つの自然な目標は、旧来のマーケティング活動を行わずに商品の販促を行うことです。2025年までに世界各地に自社の分析センターのネットワークを構築するというアイデアは、アフィリエイト・マーケティング・システムの開発につながりました。これは、クライアントにとってさらに1つの収益機会となり、TeachMeCashにとっては、質の高いオンライン教育への取り組みについての情報を広げるさらに1つの機会となります。

2019年9月6日に、TeachMeCash最高経営責任者(CEO)のIllia Danylenkoは、エドテックでの開発や収益機会を望む人のために無料のオンライン・マスター・クラスを開きました。詳細については、当社ウェブサイト(teachmecash.com)をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media: +447724780579, pr@teachmecash.com, Illia Danylenko

Contacts

Media: +447724780579, pr@teachmecash.com, Illia Danylenko