アンダーセン・グローバルがセネガルに進出、アフリカでのプレゼンスを拡大

サンフランシスコ--()--(ビジネスワイヤ) -- アンダーセン・グローバルは、セネガルで最も長い歴史を誇る法律・税務コンサルティング会社の1つであるカベックスと協力契約を締結したことを発表します。これにより、セネガルはアンダーセン・グローバルが法務サービスを提供する提携事務所または協力事務所を置いているアフリカで13番目の国となります。

ダカールに拠点を置くカベックスは、30年近くにわたり国内外の公共部門および準公共部門のお客さまに国内および国際的な問題に関するサービスを提供しています。

カベックスのパートナー兼ゼネラルマネジャーのPapa Alassane Ndirは、次のように述べています。「アンダーセン・グローバルとの協力関係の締結により、当事務所の国際的な業務と国境を越えたサービスが拡大すると同時に、新市場への参入機会も得ることができます。今後、私たちは世界中の数多くの仲間や専門家と連携してクライアントにさらに緻密な専門的知見を提供できるようになります。」

カベックスのパートナー兼テクニカル・マネジャーを務めるCherif Diaiteは、次のように述べています。「国際的レベルの課題を踏まえると、常に進化する国際環境の下でサービスを提供していく必要があります。この点で、アンダーセン・グローバルの提携事務所と協力事務所で構成される連合体は、世界中のクライアントにシームレスなサービスを提供する上で重要な存在です。」

アンダーセン・グローバル会長でアンダーセン・タックス最高経営責任者(CEO)のマーク・フォアザッツは、次のように述べています。「カベックスの多くのクライアントは国際業務に従事しており、したがってアフリカ地域の重要な市場における理想的な提携先と言えます。カベックスは最高水準の顧客サービスを提供しており、セネガル全土で優れた評価を得ています。さらに、Ndirはアンダーセン・グローバルの何名かのパートナーと共通の価値観に根差した良好な仕事上の関係を築いています。」

アンダーセン・グローバルは、世界各地の税務および法務の専門家による法的に個別の独立した提携事務所の国際的連合体です。米国の提携事務所のアンダーセン・タックスにより2013年に設立されたアンダーセン・グローバルは現在、提携事務所と協力事務所を通して世界の144カ所以上の拠点に4500人を超える専門家を擁しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Megan Tsuei
Andersen Tax
415-764-2700

Contacts

Megan Tsuei
Andersen Tax
415-764-2700